創続総合研究所

争いの引き金は、お金ではなく感情
~生きているうちに遺産の話をするのは、縁起が悪い!?

相続で争いが起きるのも、それを一層深刻化させるのも、相続人同士の「感情」の噴出が主な原因である――前回は、そんなお話でした。では、できるだけそれを回避するために、妙案はないものでしょうか? 小林清税理士(税理士法人小林会計事務所)は、被相続人(親)が相続人(子)に、その思いをしっかり伝えておくことが大切だ、と言います。ただし、「伝え方」に注意しないと、逆効果になることも。

思わず涙を誘う「付言」とは?

八木 「揉めない相続のためには、何が必要ですか」って、たぶん何百回も聞かれたと思うのですが(笑)

小林清税理士
税理士法人小林会計事務所所長
1979年小林税理士事務所、相続専門窓口「横浜相続なんでも相談所」開業。不動産評価や調査対応を得意とし、神奈川県を中心に、数多くの相続・贈与申告を手掛ける。相談料は無料、店舗型の事務所で相談しやすいと評判が高い。

小林 私はよく、「相続を被相続人の『設計図』なしにやろうとするから、争いになる」と言うんですよ。「遺産分割はこうする」という方針とともに、その理由をちゃんと伝える必要がある。それがないと、相続人が混乱して、揉める原因になるのです。

八木 それは、ちゃんと遺言書を作り、さらに「付言事項(*)」に分割方法の理由やメッセージを残すべき、ということですか?

小林 そうですね。私の考える「設計図」には二つあって、遺言書はその一つです。まずは、そちらからお話ししましょう。おっしゃるように、相続人の感情に訴える付言事項の活用は、とても大事だと感じます。私には、心に残る付言がいくつかあるんですよ。
 土地バブルが崩壊して少し経った時期に亡くなった、60代の男性がいました。体を壊して最後は入院生活だったのですが、その病室でしたためた自筆の遺言書を残していました。便箋にびっしり、5枚近く。そのほとんどが、付言でした。
 延々と書かれていたのは、妻へのお詫びと感謝の言葉です。「仕事や趣味にかまけて、家庭を顧みなかった」「残してあげられるものが少なくて、申し訳ない」……。その方は、かなり手広く株をやっていたのですが、バブル崩壊で損害を被ってしまいました。「それでも、老後資金の足しにはなるだろう」と、それらの株や、不動産などの財産の多くを奥さんに譲る、とそこには書かれていました。今となっては、細かな文言は忘れてしまいましたが、こちらまで思わず目頭が熱くなったのを覚えています。
 一方、二人の子どもに対しては、「そういうわけだから、遺産のほとんどは、苦労をかけたお母さんに渡したい。すまないが、我慢してほしい」と記されていました。子どもさんたちも、ちょうど自分の子どもの教育に、お金がかかる年代に見えました。彼らにもそれなりの「期待」があったはず。でも、父親の「人生最後の手紙」を読んで、納得です。一切揉めることなく、相続は終わりました。
 

*付言事項 遺言書には、遺産分割の方法についての理由説明や、残される家族に対するメッセージなどを「付帯事項」として記すことができる。ただし、この付帯事項には法的拘束力はない。

創続総合研究所 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS

 


八木美代子 [株式会社ビスカス代表取締役]

早稲田大学卒業後、リクルート入社。1995年に株式会社ビスカスを設立。税理士を無料でご紹介するビジネスモデルを日本で初めて立ち上げ、現在まで10万件以上のマッチングを実現。相続に強い税理士のみを集めたサイト「相続財産センター」を運営し、相続コーディネーターとしても業界ナンバーワンの実績を誇る。著書に『相続の現場55例』(ダイヤモンド社)、『相続、いくらかかる?』(日経BP社)、『相続は『感情のもつれ』を解決すればお金の問題もうまくいく』(サンマーク出版)などがある。
株式会社ビスカス

 


相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術

相続の別名は、「争続」。仲の良かった兄弟姉妹が親の遺産を前に骨肉の争いを演じるというのは小説やテレビドラマの中だけの出来事ではないようです。諍いの中心はもちろん「お金」。ですが兄弟姉妹には、他人がうかがい知ることのできない「本音」「思い」があるようで……奥底にある「心の綾」を解きほぐすと争いから一転、分かりあえるのが家族。そうした「ハッピー相続」の例を解説します。

「相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術」

⇒バックナンバー一覧