ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
中谷彰宏の人生道場

小さいことほど、報告する。

~ 大人のマナー No.008 ~

中谷彰宏 [作家]
【第26回】 2008年5月27日
著者・コラム紹介バックナンバー

『中谷彰宏の人生道場』テーマ第3弾は「大人のマナー」です。マナーには2通りあって、おじぎの角度やタクシーに乗る順番など、新人研修で習うマナーは「守りのマナー」と言えます。しかし、実践で役立つのは臨機応変に対応しなければならない「攻めのマナー」の方です。今回から、一般的には紹介されることの少ない「攻めのマナー」を伝授していきたいと思います。

小さいことほど、報告する。

 大きいことの報告は誰でもします。そこでは個人個人の差は出ません。伸びる人と伸びない人との差は、小さいことをどれだけ報告できるかにかかっています。

 「こんなことは報告しなくても」とか「報告したからといって、どうということはない」という報告が、一番意味があるのです。「異常なし」とか「万事予定どおり」という報告もすることです。
 
 TVドラマ「古畑任三郎」で古畑任三郎が気づくことは、結局、小さいことです。

 アリtoキリギリスの石井正則さんが「これは全然関係ないと思いますけど、こんなことがあったんです」とポロッと言うと、西村雅彦さんが「そんなつまらないこと、報告するなよ」と言います。

 でも、そこで古畑任三郎は「うん? 面白いね」と言うのです。

 報告は小さいことでOKです。上司には「そんな小さいことは報告しなくていい」と言われます。

 そこで「今度から報告をしない」と思ってはいけません。上司にはさんざん報告をして、「そんな小さいことは任せるから、報告しなくていい」と言わせるのです。

 そうすると、いつの間にか仕事を任せてもらえるようになります。
 
 上司から「あれはどうなった? 問題ないの」と言われてから「問題ありません」と答えていると、いつまでたっても仕事を任せてもらえません。

 自分から「例の件ですけど問題ありません。ただ1つちょっと気になるのは……」と言うことです。

 「そんなのささいな問題だから大丈夫だよ」「そんなことを報告しなくていい」と言っている上司自身が、実は報告されたことで安心しているのです。


【大人のマナーその8】「こんなことまで」を報告しよう。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
中谷彰宏氏の最新刊『なぜあのリーダーに人はついていくのか』好評発売中!

何もやっていないように見えて、部下に慕われるリーダーは凡人管理職とどこが違うのか。その哲学と具体的な行動様式を分析し、慕われる優れたリーダーの条件をわかりやすく紹介。1365円(税込)

話題の記事

中谷彰宏 [作家]

1959年4月14日、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務所設立。ベストセラー「面接の達人」シリーズを含め、著書多数。中谷彰宏公式ホームページ
ダイヤモンド社の中谷彰宏の本


中谷彰宏の人生道場

中谷彰宏が贈る、心に残るメッセージ集。仕事術から生き方まで、自分を鍛え、夢を実現するための熱きメッセージがいっぱい。

「中谷彰宏の人生道場」

⇒バックナンバー一覧