撮影:宇佐見利明

──前年度決算では900億円を超える有価証券評価損を計上し、596億円もの最終赤字に陥った。社長就任に当たり、周りからは、「なぜ火中の栗を拾うのか」と言われている。

 ひと言でいえば、責任を感じているからだ。2005年度から07年度まで当社の社外取締役を務めていた。昨年度は私的な理由ではずれていたが、その間に巨額の有価証券評価損を計上する事態になってしまった。

 また、株式の持ち分が40%を超える大株主の旧AIG(現チャーティス)の一員としてもチェックできなかったことに責任を感じている。そのために社長を引き受けることにした。