ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

経費削減計画は1年前倒し
2000人の直販社員を武器に医療保険などを拡販する
富士火災海上保険社長 近藤 章

2009年10月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
撮影:宇佐見利明

──前年度決算では900億円を超える有価証券評価損を計上し、596億円もの最終赤字に陥った。社長就任に当たり、周りからは、「なぜ火中の栗を拾うのか」と言われている。

 ひと言でいえば、責任を感じているからだ。2005年度から07年度まで当社の社外取締役を務めていた。昨年度は私的な理由ではずれていたが、その間に巨額の有価証券評価損を計上する事態になってしまった。

 また、株式の持ち分が40%を超える大株主の旧AIG(現チャーティス)の一員としてもチェックできなかったことに責任を感じている。そのために社長を引き受けることにした。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧