アラブ 2015年6月16日

教えて! 尚子先生
「イスラム原理主義」とはなんですか?【中東・イスラム初級講座・第24回】

ひとことで「イスラム原理主義」といっても、過激派から穏健派まで、世界各地にさまざまな集団が存在しています。そもそも「イスラム原理主義」とは何を指し、それぞれの集団はどこに違いがあるのでしょうか。中東研究家の尚子先生がわかりやすく解説します。

 イスラム原理主義とは、イスラム教徒(Islamic)と原理主義者(Fundamentalist)という2つの用語をたして作られた言葉ですが、現在ではひろく、聖典コーランやイスラム法に基づいて国家や社会を統制すべきと主張している人々の総称として使われています。

 イスラム原理主義者と呼ばれている集団としては、エジプトやヨルダンのムスリム同胞団や、パレスチナのハマス、レバノン・シリアのヒズボッラー、アフガニスタンのタリバン、イラクとシリアのIS(イスラム国)や世界各地のアルカイダ、ナイジェリアのボゴハラムなど、穏健的な集団から暴力行為を厭わない集団まで多様です。

原理主義はもともと、一部のキリスト教徒に対する批判を込めた言葉

 ここであえて「現在では」と限定し、英語表記まで説明した理由としては、もともとFundamentalism(原理主義)という言葉が、一部のキリスト教徒に対して使われていた用語で、しかもかなり否定的かつ批判的な意味合いが込められた言葉であったためです。

 原理主義という言葉が使われたのは1920年代のアメリカで、そもそもはキリスト教の神学用語でした。原理主義者と呼ばれた人々は近代的な進化論を否定し、学校で進化論を教えるべきではないと主張していました。

 こうした主張を支持する人々は福音派のプロテスタントに多く、進化論を否定しているだけでなく、妊娠中絶・生殖医療・同性愛の禁止や天文学や地球科学、生物学を天地創造説にもとづいて行なうべきと主張しています。キリスト教徒の中でも極端な主張として、批判や軽蔑の意味を込めて、「原理主義者」と呼ばれるようになったという経緯があります。

 日本では批判や侮蔑というニュアンスのないまま、1979年のイラン革命ころから、報道関係者が英語表現をそのまま訳してイスラム原理主義という言葉が使われています。日本のキリスト教神学では、主張をする福音派の人々について批判などを込めずに呼ぶ際には、「根本主義」という言葉が使われているようです。

 けれども、イスラム教徒の場合、すべてが「イスラム原理主義」と呼ばれているため、批判を込めていないと明らかにしたい場合は、イスラム・中東研究者はイスラム原理主義という言葉を使わず、イスラム主義者やイスラム復興主義という言葉を用います。

 アメリカでも同じで、批判的な立場をとらない場合は、Islam Fundamentalistとは言わず、Islamist(イスラム主義者)とかIslam Revivalist(復興主義者)という用語を用います。言葉の使い方ひとつで、話者もしくは書き手の立場がすぐわかるというわけです。

父の休日=パルミラ, シリア【撮影/安田匡範】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。