橘玲の世界投資見聞録 2015年6月18日

ミニスカートの売り子、演劇上演、高すぎる料金…。
中国の“仏教の聖地”普陀山にみる過度な商業主義
[橘玲の世界投資見聞録]

 普陀山(ふださん)は五台山、九華山、峨眉山と並ぶ中国四大仏教名山のひとつだ。“山”となっているが実際は島で、浙江省・寧波(ニンポー)沖の舟山群島にある(上海から100キロほどの距離なので、フェリーや高速バスで日帰りも可能)。

 今回は、中国の“仏教の聖地”がどんなことになっているか紹介しよう。

普陀山の開祖は日本人僧

 飛鳥・奈良から平安時代初期までの操船技術では、九州の港から西に向けて船を出すと、海流の関係で寧波のあたりに到着した。遣唐使は838年を最後に中止されたが、その後も宋・元の時代(日本では鎌倉時代)まで道元など多くの仏僧がこの地に留学している。明代には寧波港が日明貿易の拠点になるなど日本とは縁の深い土地だ。

 普陀山が観音霊場となった由来も日本と関係している。

 916年、日本からの留学僧、慧萼(えがく)が五台山で観音像を手に入れ、それを持って寧波港から日本に帰国しようとしたが、沖に出たところで突然、海面に鉄の蓮華が現われて船が通れなくなってしまった。それを見て、観音像が日本に渡る機が熟していないと悟った慧萼は、近くの島に仏堂を建てて観音像を祀った。これが「不肯去観音院(行かずの観音院)」で、それ以来、この島は観音菩薩の浄土である補陀落(ふだらく)に擬せられ、中国有数の霊場となった。この故事により、普陀山の開祖は日本人僧・慧萼とされている。

 上海から高速バスを使っても、寧派からタクシーに乗っても、普陀山へは舟山のフェリーターミナルを利用する。この日は5月の連休前の平日だったが、ご覧のように乗り場は朝から大変な混雑だ。フェリーは所要20分、往復1人50元(約1000円)。

平日でも込み合う舟山のフェリー乗り場      (Photo:©Alt Invest Com)

 

 普陀山に到着するとチケット売り場があって、入山料1人160元(約3200円)を支払う。島内はマイクロバスを使って移動することになるが、これも行き先によって10~20元(約200~400円)かかる。

 ずいぶん高いなあと思いながら、とりあえずいちばん有名な普済禅寺へ。

 バスを降りると参堂に線香などを売る店が並んでいるが、なぜかミニスカート姿の若い女性が呼び込みをしている。おまけに店舗の隣には銀行のATMまである。

どの店も売り子は若い女性。ミニスカート姿も    (Photo:©Alt Invest Com)
店の隣にはATMが置かれている           (Photo:©Alt Invest Com)

 

 普済禅寺でさらに入場料5元(約100円)を払って境内に入ると、火のついた線香を手にした観光客がたくさんいる。本堂前に置かれた香炉の周りを3回まわって線香を供え、煙を浴びるのだ。

 この線香は、その寺で買ったものはそこで使い切らなくてはならない決まりだという。島内には主要寺院だけでも前寺(普済禅寺)、仏頂山寺(慧済禅寺)、後寺(法雨禅寺)の3つがあり、それ以外にも200を超える寺院があるというから、あちこちで線香を供えるとかなりの出費になるだろう。線香はものすごい勢いで売れているらしく、寺の出口に停められたトラックから大量の箱が運び込まれていた。

香炉に線香を供えるひとたち           (Photo:©Alt Invest Com)
日本人僧・慧萼が祀ったとされる観音像         (Photo:©Alt Invest Com)
大量の線香が運び込まれる           (Photo:©Alt Invest Com)


 後日、中国人の知り合いに聞いたら、普済禅寺の観音は商売繁盛に霊験あらたかとされていて、それで人気があるのだという。「お寺なのに商業主義が過ぎるんじゃないのか」といったら、「商売繁盛の仏様のいる寺の商売が繁盛してなきゃ信心されないだろ」とのことだった。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。