ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

材料株が急騰・乱舞でも二匹目のドジョウ狙いは危険

2008年3月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 足元で材料株が乱舞したのは、業績が芳しくない銘柄や新興市場銘柄が急騰したこと、あるいは決算期末に特有なアノマリー(理論的には説明のつかない株価の規則的な現象)などさまざまな要因がある。もちろん、選挙間近という理由も底流にはある。また、2008年6月以降の当局の動きを察知し、売り逃げを画策したとする向きもある。

 下の表は、2008年に入ってから急騰した銘柄の上昇率ランキングである。表中の高値、安値はいずれも今年のものだ。また、年初から急落続きの銘柄を除外するため、年初から下がり続けている(安値の日付より高値の日付が前にくる)銘柄は除外した。

年初来安値からの株価上昇率ランキング(年初来高値比)

 ここに掲載されている銘柄すべてが材料株というわけではないが、業績が芳しくない銘柄や新興市場銘柄が多いのは明らかである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧