男のスメルマネジメント
あなたの知らないスメルの世界~It's a smell world.
【第15回】 2015年6月25日
著者・コラム紹介 バックナンバー
ダイヤモンド・オンライン編集部

妻たちが赤裸々告白!
私が許せない夫のニオイの境界線

「パパくさーい!」というCMなどを見て、どうせテレビの演出だろ?と思っている男性はきっと少なくないはずだ。しかし実際に妻たちに話を聞くと、どうやら“演出”では片付けられないかもしれない。たとえあなたが妻から指摘されたことがなくても…だ。ママたちの声を集めたサイト「ママこえ」の協力を得て、女性6人に夫のニオイに関する話を聞くと、普段は誰にも言えない夫のニオイへの不満が爆発した。(取材協力/ママこえ編集部)

<座談会メンバー>
中本さん(仮名):夫(43歳)
小川さん(仮名):夫(47歳)
山本さん(仮名):夫(41歳)
谷口さん(仮名):夫(42歳)
森さん(仮名):夫(42歳)
沢田さん(仮名):夫(40歳)

座談会に参加してくださった6名の妻たち

毎日お風呂に入らず寝る夫
翌朝、枕はアブラでギトギトに…

――先日、ママこえが『パパのニオイに関する調査』を行ったところ、「パパのニオイ(体臭)が気になる」と答えた人が85%もいることがわかりました。みなさんは、いつ頃からご主人の臭いが気になっていますか?

山本さん 夫のニオイが増えはじめたのは40歳ちょっと前くらいからです。加齢臭っていうんですかね、洗濯しても臭うんです。独特のニオイですよね。

森さん(仮名):夫(42歳)、子ども2人(小5、年小)

森さん うちは3、4年くらい前からで、下の子を出産して私自身がニオイに敏感になったせいかもしれないですけど…。夫は帰ってくるのが遅いので、お風呂に絶対に入らないんです。しかもここ数年は土日も夜に入らず、朝シャワーだけになっちゃって。汗も汚れも落ちてないまま、布団に入ってしまうので、ニオイとともにいろんなものがついてしまってそれがすごく嫌なんです。

 しかも脂ぎった頭でそのまま寝るので、枕カバーも朝になると、油を吸った感じになっちゃってるし、毛布も布団もニオイがすごいので、ほぼ毎日洗って、干せるときは毎日干してます。こんな風に私たちは気になるのに、本人は気にならないようで…。だから指摘すると「そんなわけないだろ」ってキレて、機嫌が悪くなっちゃうんです。

沢田さん 枕のニオイ、わかります!うちは夫が40歳手前くらいのとき、たまたま私が寝ぼけて夫の枕を間違えて使ったら、「私のじゃない!」と気づくくらい臭くて…。でも本人が傷つくし、自然の摂理なので伝えていなかったんですけど、本人は気になり始めたみたい。どうも彼は髪の毛のせいだと思ったようで、その年から1本3000円くらいするシャンプーを自分で買って使い始めました。でも、多少抑えられているくらいで、あまり変わらないですけどね。


SPECIAL TOPICS


あなたの知らないスメルの世界~It's a smell world.

「パパ、臭いからあっち行って!」「あなたの枕、ほんっとうに臭いんだけど!」小さい頃はすぐ抱きついてきてくれた娘や、かつては優しく微笑みかけてくれた妻から、こんな罵声を浴びせられた経験を持つミドル男性は、きっと少なくないはずだ。そればかりではない。職場でも気付かないうちに、女性社員から「あの人、クサいよね」と後ろ指を指されている人もいるだろう。世の中に「ニオイ」に悩む男性は多い。時としてあなたの体臭は、周囲の人々にとって「スメハラ」(スメル・ハラスメント)の原因となることさえある。いったい、何が男性を臭わせているのか。それを予防するためには、日頃から何を心がければいいのか。あなたの知らない「スメルの世界」をまじめに分析する。

「あなたの知らないスメルの世界~It's a smell world.」

⇒バックナンバー一覧