ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

知られざるコングロマリット
JRの“秘密”に迫る!

週刊ダイヤモンド編集部
【09/10/10号】 2009年10月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
週刊ダイヤモンド

 JRが分割民営化して、22年が経過しました。国営の呪縛を解いたJRは、鉄道事業を再構築する一方で、小売り、金融、不動産など新事業を多面展開し、売上高7兆円の巨大コングロマリットに変容しました。今回の特集は、その全容に迫ります。

 パート1では、民営化当時から引きずる負の遺産と、民営化成功ゆえの新たな閉塞感を抱えるJR7社(北からJR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州、そしてJR貨物)の経営問題を、経営指標をつぶさに検証して、明らかにします。

 パート2では、業界トップも恐れる多角化事業の実態です。鉄道だけではありません。食料品やファッションといった買い物や、ホテル、電子マネーなど、JRは私たちの生活全般に関わるサービスを提供しています。JR東日本を例にとれば、営業収益の3割を小売りなど非運輸事業が稼ぎ出しているといった具合です。

 驚くべきは、そのJRの多角化事業が、各業界トップに迫る勢いだということです。

 たとえば、コンビニエンスストアのニューデイズは、日販(1日当たりの1店舗の売上高)が、コンビニ最大手のセブン‐イレブンジャパンを抜きました。エキナカ商業施設エキュート品川の坪効率(1坪あたりの売上高)は、伊勢丹新宿本店を抜いています。

 エキナカという抜群の立地という理由だけでなく、エキナカならではの創意工夫がそこにはあります。。

 しかし、多角化事業における民営化の弊害も、ないわけではありません。スイカ(JR東日本発行)に代表される電子マネーは、会社ごとに種類が異なり、たとえば関西と北海道では相互利用できません。

 今回の特集は、全76ページにわたる保存版です。パート3では、女性駅長やSL整備士、ダイヤの乱れを正常化する列車指令長など、各分野のエキスパートの仕事ぶりを密着レポートしました。仕事にかける真摯な姿勢と職人技には感動を覚えます。

 パート4ではJRが誇る、車両、駅の秘密を写真やイラスト満載でご紹介します。まだまだ絶大なる人気を誇る超豪華列車「カシオペア」をはじめ、機能やデザインに優れるなど特色ある各車両を網羅しました。

 大の鉄道ファンという石原良純さん厳選による鉄道模型の「プラレール」や、トラベルジャーナリスト・小林しのぶさん厳選による駅弁も紹介しています。

 最後に10月14日に迫った「鉄道の日記念乗り放題切符」のオススメの周遊コースを掲載していますので、この秋の行楽に、弊紙片手に鉄道の旅に出かけてみてはいかがでしょう。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 須賀彩子)

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧