タイ 2015年6月29日

タイ・プレミアリーグのサムライたち【第1回】タイのプロサッカーチームで活躍する日本人選手、裏方さん、サポーターにインタビュー

 近年、日本のサッカーファンにも知られる存在となったタイのプロサッカーリーグ、「タイ・プレミアリーグ」。
 Jリーグが「アジア戦略」として急成長する東南アジアサッカー界とのつながりを深めているのもあるけれど、何といってもタイ・リーグが特別なのは、「世界一多くの日本人が活躍する海外リーグ」という点だ。昨季は日本でもかなり名の知れた選手たちも含めて60名以上の日本人選手がプレーした。今季は外国人枠が減少した関係で少なくなったものの、それでも50名ほどがタイで戦っている。
 選手だけでなく、指導者やスタッフなどにも多くの日本人が活躍していて、今季は日本人が監督を務めるチームも7つある。今回から3回にわたって、タイ・プレミアリーグで活躍するサムライたちにスポットを当てながら、タイ・サッカーの魅力を紹介する。日本人選手を応援しにタイヘ――。タイ観光の新しい楽しみ方ともいえるだろう。

●「タイ・プレミアリーグ」とは?

 タイのプロサッカーリーグは3リーグ制となっており、1部リーグ「タイ・プレミアリーグ」(Jリーグにおける「J1」)に18チーム、2部の「ディビジョン1」(同「J2」)に20チーム、3部の「ディビジョン2」(同「J3」と「JFL」)に6地域83チームが所属する。

今季のタイ・プレミアリーグには11人の日本人が所属している【撮影/『DACO』編集部】


●タイ・プレミアリーグの情報はここで!

 タイ・プレミアリーグの情報を日本語でチェックできるウェブサイトがある。その名も「タイ・プレミアリーグに行こう! SAMURAI×TPL」。試合結果はもちろん、日本人選手の情報なども詳しく紹介されていて、日本にいながら、試合日程と会場を確認できる。

【Interview1】

バイト生活から「タイ・ドリーム」を掴んだ男のサクセスストーリー

下地奨(しもじ・しょう/29歳)
MF/サガン鳥栖 → ポリス・ユナイテッド


Jリーグを退団し、挑戦した南米で挫折。そんな男を蘇らせたのがタイだった。
アルバイト生活から、わずか2年でタイのスターに上り詰めた、下地奨選手の成功の裏にあった物語――。

昨季はタイ・プレミアリーグ日本人最多の17得点をマークした下地選手【撮影/本多辰成】
【プロフィール】
1985年、沖縄県出身。東京ヴェルディユースから始まり、青山学院大学、サガン鳥栖、スポルディボ・ルケーニョ(パラグアイ)、CAリネンセ(ブラジル)、 Esporte Clube Aguia Negra(ブラジル)を経て、2013年よりタイのBECテロ・サーサナFCでプレー。今季からポリス・ユナイテッドに在籍。昨季はタイ・プレミアリーグ日本人最多の17得点をマークした。


■「一度は終わった」サッカー人生

 もう、サッカー人生は終わったな。

 2012年の年の瀬が迫る頃、下地奨選手はそんな風に考えていた。サッカーを続けたい気持ちはあってもチームがない。銀座のクラブのアルバイトで食いつなぐ生活の中で、自然と「終わり」が頭に浮かんだ。

 タイ・リーグに挑戦してみないか? 知人を通じて話をもらったのはそんな時だった。年が明けてすぐ、妻と小さな娘を残して、ひとりタイへ向かった。

 「一度終わったと思ったサッカー人生ですし、迷いはなかったです。半年間サッカーから離れたことで、整理もついていたので」

 タイに到着した翌日から、チームを渡り歩いてトライアウトを繰り返す毎日。タイの名門であるBECテロ・サーサナFCでの練習試合で大活躍したことで、見事にチャンスをものにした。

 ショウ・シモジの「タイ・ドリーム」の始まりだった。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。