ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
DOL特別レポートSPECIAL

夏のボーナス商戦に新トレンド出現?
じわり盛り上がる“やんちゃ買い”とは

2009年6月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

  「もう節約はイヤだ。そろそろ好きなものを買いたい!」――。最近、巷にはそんな声が溢れているという。

 昨年から未曾有の不況に襲われている日本では、これまで消費意欲が衰え続けて来た。だがここに来て、ようやく回復の兆しが見えつつある。

 内閣府が行なった今年5月の消費者心理動向調査によれば、「一般世帯の消費者態度指数は顕著な改善の兆しを見せ始め、持ち直しの動きが見え始めて来た」という。

 その背景にあるのは、「景気底打ち感」が強まっていることばかりではない。冒頭の声のように、これまで消費を抑制して来た消費者たちの「ガマンの限界」が訪れていることも、大きな理由の1つだろう。

 そんななか、先月8日、9日にインターネット上である興味深い意識調査が行なわれた。「2009年夏の買い物動向 男女意識調査」(有効回答数は男女800名)である。

 調査で浮き彫りになったのは、「家庭で小遣いを減らされた男性の多くが、節約生活に耐えられなくなっている」という現状だ。約84%が、「日用品以外の好きなモノをこれまでより買えない」、約62%が「買い物をガマンしている状況にウンザリ」と回答したのだ。

「男のやんちゃ買い」推進委員会代表のおちまさと氏。バラエティ番組などで活躍する人気プロデューサーで、やんちゃ買いへのこだわりは強い。

 じつはこの調査、「『男のやんちゃ買い』推進委員会」なるプロジェクトが行なったもので、代表はあの人気テレビプロデューサー・おちまさと氏である。彼らは、今後盛り上がるであろう新たな消費トレンドを「やんちゃ買い」と名付け、楽天市場内の特設サイトなどを通じて、主に男性の消費を盛り上げる目的で活動している。

  「やんちゃ買い」とは、「メジャーなブランドや商品でなくても、モノとしてのクオリティの高さに惚れ込んだら、値段が少し高くても購入する」という意味。さしずめ、「男のライフスタイルを楽しく、豊かにする買い物」といったところだろうか。

 実際、先の調査によれば、男性の約77%がやんちゃ買いを「魅力的」と回答している。また、やんちゃ買いができる金額は「平均30万8175円」と高く、彼らの消費意欲が意外なほど盛り上がっていることがうかがえる。そのため、これまで抑えられていたニーズがいよいよ爆発し、この夏のボーナス商戦時期には男性による生活必需品以外の消費が増えるのではないだろうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


DOL特別レポートSPECIAL

ダイヤモンド・オンライン編集部厳選の特別寄稿。内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを、第一線で活躍するジャーナリストや識者らが斬る。

「DOL特別レポートSPECIAL」

⇒バックナンバー一覧