HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

『うつ』のち、晴れ 鬱からの再生ストーリー

残業を断る「タダ乗り社員」、断れない「生まじめ社員」

~ 専門家は語る(東京メンタルヘルスアカデミー所長 武藤清栄氏)【後編】~

西川敦子 [フリーライター]
【第24回】

 それは、ある日の午後7時。久々に仕事を早く終えたA君は、パソコンの電源を落としながらほっと深い息をついた。なにしろ、この3週間というもの徹夜に継ぐ徹夜が続いていたのだ。その仕事が、ようやく今夜終わった。はっきりいってクタクタだ。

 すぐ家に帰って風呂に入り、ビールをあおろう。ちょっとまてよ、その前にレンタルビデオ屋に寄って、前から観たかった新作DVDを借りてもいいな。胸を弾ませながら帰り支度をしていると、とつぜん部長のこんな声が聴こえてきた。

 「おいおい、まずいな。また、発注ミスか。大急ぎで仕入先から調達してこないといけないな。だけど、もう時間がないから、誰か直接行かないとなあ。おーい、B君。悪いけど行ってきてくれんかな」

 すると、B君がこんなふうに即答するのが耳に入った。「あっ、ダメ!オレ、今日はダメっす。これから野暮用がありますんで。ほんと、すいません!」「なんだ、しょうがないヤツだなあ。えーと、それじゃ、A君!」

 A君はしかたなく振り返った。「あ、はい…」「悪いけどキミ、ちょっと行ってきて。少し遠いから往復で2時間くらいかかっちゃうけど」「あ、大丈夫です…」「今晩なんか用あった?」「い、いいえ。何にもありません」「そうかい。そりゃよかった。じゃあよろしく」

「タダ乗り社員」の
尻拭いをさせられて・・・

 冒頭のケースでもわかるように、ビジネスマンにも、残業を断るのがうまい人と下手な人がいる。B君のように、自分の事情や気持ちを躊躇せず周りにぶつけられる人間はストレスをためこまずにすむ。上司の心証はよくないかもしれないが、本人はあまりそれを気にしていないようだ。そんな天真爛漫さが受けるのか、「憎めないヤツ」と一部の先輩から可愛がられたりする。

 最近はとくにB君のようなタイプが増えてきた。個人の仕事の範囲が明確ではない日本の職場では、他人に仕事を任せて自分はラクをする「タダ乗り」も可能だ。上司に「その仕事は私がやらなきゃいけないんですか?」などと言い放つ若手もよく見受けられる。

 彼らのとばっちりを喰らっているのが、A君のようなタイプだ。責任感が強く、声も小さい彼らは、「タダ乗り」する社員の尻拭いを一手に引き受けなければならない。しかもこの頃は組織のフラット化も進み、管理職はひとりひとりの仕事の量をマネジメントしてくれなくなっている。おかげでいつのまにか仕事が増え、あれもこれも自分の担当…ということになってしまうのだ。だが、このまま疲労を募らせると、心身に異変をきたさないだろうか――。

1 2 3 4 >>
このページの上へ

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


『うつ』のち、晴れ 鬱からの再生ストーリー

うつをきっかけに、生き方や働き方を見つめ直した人々にフォーカス!うつに負けない、うつを乗り越えるための知恵と活力を探っていく。

「『うつ』のち、晴れ 鬱からの再生ストーリー」

⇒バックナンバー一覧