ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
プロフェッショナル・リーダー――難局を突破する「9つのスキル」
【第4回】 2015年7月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
野田努 [アリックスパートナーズ日本共同代表]

一流のリーダーが備えている
「3つの要素」とは何か
高家正行氏×野田努氏対談【後編】

1
nextpage

プロ経営者として5年以上の間ミスミグループ本社の代表取締役社長等を務めてきた高家正行氏と、今年5月に『プロフェッショナル・リーダー』を上梓したアリックスパートナーズ日本共同代表の野田努氏。それぞれ経営プロフェッショナルと企業再生プロフェッショナルとしての立場から、日本企業に求められるリーダー像を語り合ってもらった。後編のテーマは、一流のリーダーになるための「3つの要素」について。(構成:谷山宏典)

プロのマネジメントスキルだけでは
一流のリーダーにはなれない

高家正行(たかや・まさゆき) 1985年慶應義塾大学経済学部卒業。三井銀行、A.T.カーニーを経て、2004年ミスミグループ本社に入社。経営統合した駿河精機(当時東証2部)の社長等を務め、08年ミスミグループ本社の代表取締役社長に就任。社長在任中には、北米金型メーカーの買収等も手掛ける。その後代表取締役副会長、顧問を経て15年3月退任。現在アリックスパートナーズ・シニアアドバイザー。

高家 私自身、30代半ばで銀行を辞めたとき、プロのマネジメントスキルを身につけ不振企業を再生させるような「プロ経営者」を目指し、そのために必要なスキルを身につけるためにA.T.カーニーで5年間、戦略系コンサルタントとしてキャリアを積みました。

その後、ミスミグループ本社に入り、同社の経営にたずさわる中で自分のリーダー像は徐々に変化していきました。

野田 どのように変わっていったのですか?

高家 不振企業の再生や海外企業の買収といった“有事”には、プロのマネジメントスキルが必要条件です。しかし、一流のリーダー、一流の経営者になるには、それだけでは足りないのではないかと。そして、私なりに一流になるための条件として3つの要素に思い至りました。

1つ目は、ここまで述べてきたようなプロのマネジメントスキルを理論だけではなく現場で実際に駆使して経営ができる、しかも有事に強い、という要素。まさに、「プロ経営者」です。2つ目が「アントレプレナー(起業家)」的な要素で、自らのビジネスをもって顧客に新たな価値を提供したい、社会を変えたい、という内から湧き出るような強烈なミッションを持っていること。

野田 アップルのスティーブ・ジョブズは、まさにアントレプレナータイプですよね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


野田努 [アリックスパートナーズ日本共同代表]

アリックスパートナーズ マネージングディレクター、日本共同代表。
慶応義塾大学経済学部卒業、ハーバード・ビジネス・スクール経営学修士(MBA)取得。日本長期信用銀行、マッキンゼー・アンド・カンパニー、KPMG、ユニゾン・キャピタルを経て、2007年よりアリックスパートナーズに参画し、現在日本共同代表。クロスボーダーM&A等に関する講演、パネリスト経験多数。著書に最新刊『プロフェッショナル・リーダー』(ダイヤモンド社刊)がある。


プロフェッショナル・リーダー――難局を突破する「9つのスキル」

企業を取り巻く環境がめまぐるしく変わる現在では、経営トップのみならず、部門やチームを束ねるリーダーが企業の浮沈のカギを握る。いま求められるのは、これまで日本企業が踏襲してきた平時のリーダーではなく、まさに有事に対応できるリーダーである。新刊『プロフェッショナル・リーダー』を上梓した著者が、自身の豊富な企業改革の経験をもとに、日本企業に必須となるリーダー人材の条件を明かす。

「プロフェッショナル・リーダー――難局を突破する「9つのスキル」」

⇒バックナンバー一覧