HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

働く男女の「取扱説明書」

「痛風に悩む女」と「冷え性に悩む男」
過酷な職場で進む病気のユニセックス化!

――職場や社会の圧力が「性」を脅かす?

西川敦子 [フリーライター]
【第7回】

 「ええっ、痛風にかかった?!」

 氷河秀子さん(30歳)からの電話に、中田堅二課長(38歳)は思わず耳を疑った。今朝、「病院に行くので会社を休む」という連絡を受け、心配していた中田課長。持病の腰痛が悪化したのか、と思っていたのだが――。

 「そうなんですよ~、夜中に足の親指の付け根がものすごく痛くなって。もう靴も履けないくらい」

 「痛風って、オジサンがかかる病気じゃないのか?氷河さんみたいな若い女性でもなるの?」

「うーん、夏にビールを飲みすぎたんでしょうかね。最近は女性にも多いって先生が言ってましたけど。というわけで明日は出社しますけど、夕方からの飲み会は欠席します」

 「無理しなくていいから休んだら。君の分は仕事もビールもオレが引き受けるから」

 電話を切った中田課長は少々複雑な気分になった。日頃接待の多い男性営業マンの間で恐れられていた痛風。ついこの前も上司がかかったばかりで、「次は自分の番か?」とおびえていた。まさか女性の部下に先を越されるとは……。

「男の病気」に
かかる女性たち

 注意した方がいい。男性も女性も、これまでには思いもよらない疾患に見舞われる危険にさらされているようだ。

 たとえば冒頭の「痛風」。原因は遺伝や肥満、飲酒、プリン体の多い食品の食べすぎ、脱水などだが、患者の99%は男性とされてきた。

 痛風を引き起こす「尿酸」の血液中濃度は、男性のほうが圧倒的に高い。女性の場合、女性ホルモンによって腎臓からの尿酸の排泄が促されるため、閉経前の女性がかかるリスクはきわめて低かったのだ。

1 2 3 >>
このページの上へ

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


働く男女の「取扱説明書」

出産後も辞めないアラフォー女、3年で辞める腰掛け男 etc・・・、時代が変われば、働くルールも様変わり。働く男女にまつわる悲喜こもごものケースを多数紹介。男女が共存共栄していくための新たな職場のルールを提案します。

「働く男女の「取扱説明書」」

⇒バックナンバー一覧