創続総合研究所

ドラマの中ばかりではない、若い後妻vs先妻のバトル
~相続だからこそ、むき出しになる感情がある

「親族」に気に入らない人間がいたとしても、普段は、顔を合わせなければすむ。でも、相続の当事者同士になったら、話は別です。「自分のほうが高く『評価』されて当然」「あの人よりも取り分が少ないのは、納得いかない」と、時には人格やプライドをかけた揉め事になったりします。そんな幾多の「争続」に接してきた浅野和治税理士(浅野税務会計事務所)が語る、ドラマチックな「現場」とは?

再婚3年で夫が死亡
争いが勃発

八木 たぶん先生も、感情が先に立って揉めに揉めた相続というのを、数多く経験していらっしゃると思うのですが。

浅野 今までで一番「ドラマチック」だったのは、亡くなった男性の後妻と先妻が、遺産をめぐって争ったケースですね。被相続人は60代半ばで、後妻は

浅野和治氏
浅野税務会計事務所 所長
1956生まれ。明治大学卒業後、外資系会計事務所に勤務。その後父の会計事務所に入所、現在に至る。目黒区自由が丘に事務所を構え、地域柄、相続の問題に幅広く精通。顧客の発展を事務所の発展と捉え、相続税・所得税・法人税の縦横無尽な節税をオーダーメイドでプランニングし、顧客から絶大な信頼を得ている。

40歳前。前妻の元で暮らす被相続人のひとり娘よりも若かった。ところが、再婚後に被相続人にがんが見つかって、結婚生活わずか3年で亡くなってしまったのです。遺産は、自宅マンションと賃貸アパート、株などの債権に現金を合わせて、2億5000万円ほどありました。

八木 聞いただけで、争いの気配が漂います。

浅野 正確に言うと、戦いの構図は“後妻対独身のひとり娘”です。
 配偶者は、離婚すると相続人ではなくなりますから、被相続人の遺言でもない限り、先妻には遺産をもらう権利がありません。でも、被相続人との間にできた子どもは、立派な相続人。民法の定めた法定相続分で分けるとすれば、配偶者すなわち後妻2分の1、先妻の子2分の1ずつになります。
 さて、ご主人が亡くなり、私に相続税についての依頼をしてきたのは、後妻の方でした。お話をうかがうと、「生前、主人は、『今後の生活のこともあるから、遺産は全部お前に渡す』と言ってくれていました。でも、そういう遺言書を書かずに亡くなってしまったんですよ」とおっしゃいます。残念ながら、遺言書がない場合には、他の相続人にも法定相続分を相続する権利があります。そのうえで、「少しでも多くもらえませんか?」というお話でした。

創続総合研究所 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS

 


八木美代子 [株式会社ビスカス代表取締役]

早稲田大学卒業後、リクルート入社。1995年に株式会社ビスカスを設立。税理士を無料でご紹介するビジネスモデルを日本で初めて立ち上げ、現在まで10万件以上のマッチングを実現。相続に強い税理士のみを集めたサイト「相続財産センター」を運営し、相続コーディネーターとしても業界ナンバーワンの実績を誇る。著書に『相続の現場55例』(ダイヤモンド社)、『相続、いくらかかる?』(日経BP社)、『相続は『感情のもつれ』を解決すればお金の問題もうまくいく』(サンマーク出版)などがある。
株式会社ビスカス

 


相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術

相続の別名は、「争続」。仲の良かった兄弟姉妹が親の遺産を前に骨肉の争いを演じるというのは小説やテレビドラマの中だけの出来事ではないようです。諍いの中心はもちろん「お金」。ですが兄弟姉妹には、他人がうかがい知ることのできない「本音」「思い」があるようで……奥底にある「心の綾」を解きほぐすと争いから一転、分かりあえるのが家族。そうした「ハッピー相続」の例を解説します。

「相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術」

⇒バックナンバー一覧