ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
北野正之の“即効GOLFエイド”

【第25回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー
Lesson25「“大きな筋肉”を意識する!」

アプローチは大きな筋肉を使うとうまく打てる

北野正之 [ティーチングプロ]
【第25回】 2009年1月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ラウンド中、ドライバーやアイアンはいい当たりをするのに、アプローチになると突然、ダフリやトップなどのミスをすることがありませんか。これは、グリーンに近づくにつれて、あなた自身が「別人」に変身してしまうからです。

 ドライバーなどのフルショットは、体を大きく使い、リズムよくスウィングしているのに、アプローチのハーフショットになると、体を動かさず、手先に頼った打ち方をする人がほとんど。同じように振っているつもりでも、実際は、スウィングが大きく変わっているのです。

体をうまく動かすにはバックスウィングで右手を振り上げ、フォローで左手を振り上げる。このときの側筋の伸縮を体感してほしい。

 手打ちのスウィングでは、クラブヘッドの軌道が安定せず、正確なインパクトが難しくなります。しかも、手先に頼るほど打ち急ぎやすくなり、それが大きなミスを招くというわけです。

 それらのミスを防ぐためにも、アプローチは、背筋や側筋などの「大きな筋肉」を意識して動かしましょう。手先の小さな筋肉で、小細工してはいけません。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北野正之 [ティーチングプロ]

1966年生まれ。アマチュアゴルファーの観察眼が鋭く、懇切ていねいなレッスンが人気。シェイプアップゴルフ所属。


北野正之の“即効GOLFエイド”

ビジネスマンにとって、ゴルフはビジネスにおいてもプライベートにおいても重要な「コミュニケーションの場」。そこで、初心者でも楽しく効率的に上達できる方法を徹底レッスンします。

「北野正之の“即効GOLFエイド”」

⇒バックナンバー一覧