クレジットカード研究
2015年7月3日公開(2016年2月10日更新)
バックナンバー
著者・コラム紹介

クレジットカード研究

国内のクレジットカード発行数は3億2352万枚数(2013年3月末現在)。日本国民の成人一人あたり、3枚以上を保有している計算で、発行されているカードの種類は数千種類にも及ぶ。この「クレジットカード研究」カテゴリでは、数あるクレジットカードのうち、有名なクレジットカード、還元率が高いクレジットカード、特徴的なクレジットカードなどを「徹底研究」していく!

ザイ・オンライン編集部

【エクストリームカード(Extreme Card)】
還元率1.5%の高還元ながら、年会費は実質無料!
海外旅行保険も自動付帯でメインカードにも最適!「エクストリームカード(Extreme Card)」のメリットとは?

エクストリームカード(Extreme Card)
還元率  1.25~1.5
エクストリームカード(Extreme Card)の詳細はこちら
発行元  ジャックス
国際ブランド  VISA
年会費(税抜)  初年度無料、2年目以降3000円(ただし、年30万円以上の利用で次年度以降も無料)
家族カード(税抜)  あり
(初年度無料、2年目以降400円。ただし、本会員と家族カードの利用額が年30万円以上の場合は次年度年会費が無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA
ETCカード追加発行  ○(年会費無料)
海外旅行保険  最高2000万円(自動付帯)
国内旅行保険  最高1000万円(利用付帯)
特長①
年会費「実質」無料ながら、還元率は一般的なクレジットカードの3倍の1.5%
「エクストリームカード」は還元率1.5%と、一般的なクレジットカードの3倍! しかも、初年度年会費無料で、かつ2年目以降も年30万円以上の利用で次年度年会費が無料という「実質」年会費無料カード。最近では年会費無料で還元率1%のクレジットカードも増えているが、年30万円(月2万5000円)利用すれば年会費が無料になるというハードルの低さ+還元率の高さで、「エクストリームカード」は「最強の年会費(実質)無料カード」と言える。
特長②
楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなどのネットショッピングなら還元率2.0%以上に!
「ジャックス」が運営するオンラインショッピングモール「ジャックスモール」には、楽天市場やAmazonなど、主要な通販サイトが参加している。「ジャックスモール」経由でそれらのサイトを利用すると、最低でも0.5%、最大12%のポイントが加算されるので、「エクストリームカード」を使えばネットショッピングの還元率は2.0~13.5%にも跳ね上がる。例えば、楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングでは「+0.5%(合計還元率2.0%)」セブンネットショッピングやポンパレモールでは「+1.5%(合計還元率3.0%)」にも達する!
特長③
貯めたポイントは還元率1.5%で、さまざまな「電子マネー」や「共通ポイント」に交換可能
「エクストリームカード」を利用して貯まる「エクストリームカードポイント」は、共通ポイント「Gポイント」に交換が可能。「Gポイント」は「Suica」「nanaco」「WAON」などの電子マネー「Tポイント」「リクルートポイント(Pontaに交換可能)」などの共通ポイント、「Amazonギフト券」など、約120社のポイントに交換が可能。「エクストリームカード」を20万円利用すると、「エクストリームカードポイント2000ポイント⇒3000 Gポイント⇒3000 Suicaポイント」のように、3000円分のポイントと交換できるので、還元率は1.5%に!
特長④
最高2000万円の「海外旅行傷害保険」が自動付帯
「エクストリームカード」は「実質」年会費無料で、還元率1.5%というだけでなく、最高2000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯! 国際ブランドも「VISA」なので、海外旅行や海外出張に行く際にも安心して持っていくことができる。また、国内旅行傷害保険も最高1000万円が付帯している(ただし、国内は利用付帯)。
特長⑤
ガソリン1リットルあたり2円割引カー用品が3%オフ
「エクストリームカード」は、全国で約450店舗を展開する「宇佐美サービスステーション」と提携しており、車・バイクにガソリンを給油する際にはいつでも1リットルあたり2円安くなる割引サービスが受けられる。もちろん、カード決済のポイント還元1.5%も同時に受けられるので、ガソリン価格が1リットル160円の場合、2円割引分の1.25%+通常還元の1.5%の合計2.75%もお得に!「宇佐美サービスステーション」でタイヤやオイル、バッテリーなどのカー用品を購入する際には3%オフになるので、ドライバー・ライダーにもメリットあり!
エクストリームカードへの新規入会で最大7000円分のキャッシュバックプレゼント!

年会費無料の高還元カードの還元率は1.0~1.2%だが、
「実質」年会費無料の「エクストリームカード」なら還元率1.5%に!

 ここ数年、年会費無料のクレジットカードの「高還元化」が急速に進んできた。大人気の「楽天カード(還元率1.0%)」を皮切りに、「リクルートカード(還元率1.2%)」「Orico Card THE POINT(還元率1.0~2.0%)」「Yahoo! JAPANカード(還元率1.0~2.0%)」などが登場して、いまや年会費が無料でも、一般的なクレジットカードの還元率0.5%の2倍以上の還元率が当たり前の状況になっている。

 その一方で「リクルートカードプラス」のように、年会費2000円(税抜)で還元率2.0%という、年会費はかかるが、さらに高還元を実現したクレジットカードも人気だ。しかし、還元率2.0%とはいえ、年会費2000円(税抜)がかかる「リクルートカードプラス」で得をするには、年間のクレジットカード利用額50万円前後が必要となる。

 そこで注目したいのが、年間クレジットカード利用額に応じて年会費が無料になる「実質年会費無料カード」だ。

 この「エクストリームカード」の場合、初年度の年会費は無料で、2年目以降も前年のクレジットカード利用額が30万円以上であれば、年会費3000円(税抜)が無料になる。つまり、クレジットカードを毎月2万5000円以上利用する人にとって、「エクストリームカード」は年会費が設定されているものの、「実質的」には年会費無料で利用できるのだ。

 「毎月2万5000円」ということは、一人暮らしの人なら携帯電話や水道光熱費だけでもクリア可能な金額なので、「エクストリームカード」はメインカードとして利用すれば多くの人にとって「年会費無料」で利用することができるはずだ。

 実際、人気の「年会費無料カード」と「エクストリームカード」を、年間クレジットカード利用額別に比較したのが、下のグラフだ。


エクストリームカード」は年間カード利用額が30万円を超えると年会費が無料になるため、還元率が1.0~1.25%の「年会費無料カード」よりも「エクストリームカード」のほうが圧倒的に還元金額が多いのがわかる。

 しかも、「エクストリームカード」は、貯まったポイントを「Suica」や「nanaco」「WAON」などの電子マネー、「Tポイント」や「リクルートポイント(Pontaに交換可能)」などの共通ポイントに交換するなら還元率は1.5%と、「リクルートカードプラス」の還元率2.0%には及ばないが、「リクルートカード」や「楽天カード」などの年会費無料カードの還元率1.0~1.2%を上回る還元率を誇っている。

 また、「エクストリームカード」では、貯まったポイントをクレジットカードの利用代金に充当することも可能で、その場合は還元率が1.5%⇒1.25%に低下するものの、出費を抑えることができるので節約効果は高くなる。

 さらに、「エクストリームカード」を発行する「ジャックス」が運営するオンラインショッピングモール「ジャックスモール」には、「Amazon」や「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「セブンネットショッピング」「ポンパレモール」「ディノス」など、主要な通販サイトが参加しており、「ジャックスモール」からそれらのサイトで買い物をすることで、0.5~12%ものポイントが加算される仕組みになっている。

 例えば、「ジャックスモール」を経由して、「楽天市場」で買い物した場合には、「エクストリームカード」のポイントが1.5%分、「ジャックスモール」のポイントが0.5%、「楽天市場」内でのポイントが1.0%、それぞれ獲得できるので、合計の還元率はなんと3.0%にもなる。

 つまり、「エクストリームカード」は隠れた「年会費無料の高還元クレジットカード」なのだ。

貯めたポイントを「Gポイント」に交換することで
120以上の提携ポイントに交換が可能になる選択肢の広さも魅力!

 ここからは改めて、「エクストリームカード」のポイント制度を詳しく解説しよう。

「エクスリームカード」では、毎月の利用合計金額1000円につき10ポイントの「エクストリームカードポイント」が貯まる。この「エクストリームポイント」には使い道が2つあり、1つはポイント交換サービスサイトが発行する「Gポイント」への交換、もう1つは「エクストリームカード」を発行する「ジャックス」の「Jデポ」への交換だ。

「Gポイント」はネット上のポイント交換サービス。「Gポイント」を経由することで、120以上のポイントに交換することができる

 「Gポイント」とは、提携している120社以上の企業のポイントをインターネット上で交換できるサービス。提携先には電子マネーの「Suica」や「nanaco」「WAON」、共通ポイントの「Tポイント」「リクルートポイント(Pontaに交換可能)」、航空マイルの「ANA」「JAL」「ユナイテッド航空」「デルタ航空」、さらには「Amazonギフト券」や「ドコモポイント」「au WALLETポイント」、そして「楽天銀行」や「ジャパンネット銀行」などを通じてポイントを現金化することも可能だ。

「エクストリームカードポイント」から「Gポイント」には、2000ポイント以上、2000ポイント単位で交換が可能で、交換レートは「2000エクストリームカードポイントポイント⇒3000 Gポイント」となっている。そして、「Gポイント」から「Suica」や「nanaco」「WAON」などの電子マネー、「Tポイント」や「リクルートポイント(Pontaに交換可能)」などの共通ポイント、「Amazonギフト券」や「ドコモポイント」などには等価交換できる。

 つまり、「エクストリームカード」を20万円分利用して「2000エクストリームカードポイント」を獲得した場合、「2000エクストリームカードポイント⇒3000 Gポイント」に交換でき、「3000 Gポイント⇒3000 Suicaポイント」のように、前述のポイントに交換できる。20万円で3000円分の電子マネーや共通ポイントを獲得できるので、還元率は1.5%になるということだ。

「Jデポ」は、貯めたポイントをクレジットカード代金に充当できる「ジャックス」独自のサービス。

 一方、「Jデポ」とは、「エクストリームカード」を発行するジャックスのポイント制度で、この「Jデポ」を利用することで、ポイントをクレジットカードの利用代金に充当することができる。直接的に支出を減らすことができるので、節約効果は高くなるだろう。ただし、「Gポイント」に交換すると還元率1.5%になるが、「Jデポ」に交換する場合は還元率が1.25%になるので注意が必要だ。

 例えば、「エクストリームカード」を20万円分利用して「2000エクストリームポイント」を獲得した場合、「2000エクストリームポイント⇒Jデポ2500円分」に交換でき、「エクストリームカード」の利用代金から2500円を差し引くことができる。20万円で2500円分をクレジットカード利用代金から差し引けるので、還元率は1.25%となるのだ。

エクストリームカード」で貯めたポイントを「Gポイント」に交換するか、「Jデポ」に交換するかは自由だが、還元率が高い点、交換先が幅広い点、そして「Suica」や「nanaco」「WAON」「Tポイント」などのように現金同様に利用できる交換先が多いことを考えると、いったん「Gポイント」に交換したほうがお得だ。

 なお、「エクストリームカードポイント」の有効期限は2年間、「Gポイント」の有効期限は1年間なので、ポイントは年1回程度をメドに「エクストリームカードポイント」⇒「Gポイント」⇒「電子マネーや共通ポイント」に交換する作業をすれば済むので、ポイント管理が苦手な人でも問題ないだろう。

「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」と併用すれば
最強の「ANAマイルが貯まるクレジットカード」としても使える!

 「エクストリームカード」は、普通に利用しても還元率1.5%のお得なクレジットカードとなるが、実は「ANAマイル」を貯める人にとっても必携のクレジットカードとなる。

「ソラチカカード」と「エクストリームカード」は、「ANAマイルが貯まる最強コンビ」として有名

 詳しい解説は下記の記事を参考にしてほしいが、「エクストリームカード」で貯めたポイントを「Gポイント」経由で東京メトロのポイント「メトロポイント」に交換し、その「メトロポイント」を「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」経由で「ANAマイル」に交換することで、一般的なANAカードの1.35倍の「ANAマイル」が貯まるのだ。

 「ANAマイラー」にとっては、「エクストリームカード」+「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」が、「ANAマイルが貯まる最強コンビ」として利用できる。

【関連記事はこちら!】⇒ANAマイルを貯めている人は必見!2枚のクレジットカード+ポイントサイトを使ってANAマイルを通常の1.35倍も貯める裏ワザ大公開!

最高2000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯、
ドライバーにはうれしい「ガソリン2円割引」サービスも!

 ここまで紹介してきたように、「エクストリームカード」は年間クレジットカード利用額が30万円以上なら年会費が無料になる「実質」年会費無料カードでありながら、還元率は一般的なクレジットカードの3倍の「1.5%」というお得なクレジットカードだ。

 しかも、「エクストリームカード」には最高2000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯している。国際ブランドも「VISA」なので、海外旅行に行く際にも安心して利用できるクレジットカードと言える。

「エクストリームカード」の海外旅行傷害保険の補償内容。最高2000万円というのは、年会費が無料になるクレジットカードの付帯保険では最高レベル! 拡大画像表示

 また、最高1000万円の国内旅行傷害保険も付帯している(ただし、こちらは利用付帯)。

 さらに、「エクストリームカード」はドライバーやライダーにもうれしい特典がついている。

 1つ目は「ETCカード」の無料発行。発行手数料はもちろん、年会費も無料で、もちろん「高速代金」も1.5%還元される。

 2つ目は「ガソリン2円割引サービス」。これは、全国で約450店舗を展開するガソリンスタンド「宇佐美サービスステーション」で「エクストリームカード」を利用すると、いつでも「1リットルあたり2円」が割り引かれるサービスだ。

 「ガソリン2円割引サービス」の対象となるのは「レギュラー」「ハイオク」「軽油」で、もちろんガソリン代でも1.5%還元があるので、ガソリン価格が1リットル160円の場合には、「2円割引サービス」で約1.25%還元、「エクストリームカード」利用分で1.5%還元、合計で約2.75%の還元率が実現する。

 さらに、ガソリンだけでなく、「宇佐美サービスステーション」でタイヤやオイル、バッテリー、その他のカー用品を購入した場合には「3%オフ」になるので、合計還元率は4.5%にもなる。

 円安でガソリン価格が高騰し、車の維持費が高くなっている今、「エクストリームカード」のこれらのサービスはドライバーの頼れる味方となるだろう。

単なる「年会費無料」クレジットカードではなく、
年会費「実質」無料+高還元の「エクストリームカード」を活用しよう!

 クレジットカードを選ぶ際に「年会費」を気にしている人は多いだろう。

 しかし、最初から「年会費無料」という条件だけでクレジットカードを絞っては、本当に得をするクレジットカードを見逃してしまうことになる。

エクストリームカード」のように、年間クレジットカード利用額が30万円以上という、達成しやすい「条件つき」の年会費「実質」無料のクレジットカードも候補にいれるのが賢明だ。

 年会費が無料で、かつ還元率1.5%と高還元の「エクストリームカード」は、多くの人にとってメインカードとして活用できるスペックを持ったクレジットカードなのだ。

エクストリームカード(Extreme Card)
還元率  1.25~1.5
エクストリームカード(Extreme Card)の詳細はこちら
発行元  ジャックス
国際ブランド  VISA
年会費(税抜)  初年度無料、2年目以降3000円(ただし、年30万円以上の利用で次年度以降も無料)
家族カード(税抜)  あり
(初年度無料、2年目以降400円。ただし、本会員と家族カードの利用額が年30万円以上の場合は次年度年会費が無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA
ETCカード追加発行  ○(年会費無料)
海外旅行保険  最高2000万円(自動付帯)
国内旅行保険  最高1000万円(利用付帯)

エクストリームカードへの新規入会で最大7000円分のキャッシュバックプレゼント!
 


 【関連記事】


ANAカードよりANAマイルが貯まるカードとは?
コストと還元率でANAカードを比較すると
ソラチカカード&エクストリームカードが最強!

  「ANAマイル」がもっとも貯まりやすく、コストも抑えられる方法として、一般的な「ANAカード」ではなく、「エクストリームカード」をメインカードとして利用するのがおすすめです。

「エクストリームカード」はジャックスが発行するクレジットカードで、国際ブランドは「Visa」、年会費は初年度無料ですが、翌年度からは3000円(税抜)が必要となります。ただし、前年度に30万円の利用があれば次年度以降も無料になる「年会費実質無料」のクレジットカードです。メインカードとして使っていれば、年間30万円のハードルはそれほど高くないので、年会費はかからないでしょう。…続きはこちら!


【ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO)】
マイルの貯めやすさと維持コストの安さに加えて
裏ワザで1.35倍になるANAマイル系No.1カード!

「高還元なキャッシュバック型」のクレジットカードと同じく人気が高いのが、特典交換券に交換できるポイントが貯まる「マイル系」のクレジットカード。

 JAL(日本航空)やANA(全日空)のほか、デルタ航空やユナイテッド航空などの航空各社と提携したクレジットカードが発行されており、1000円のクレジットカード利用で5~10マイル程度が貯まるのが一般的で、使い方次第で還元率が5~10%も実現可能な点が人気の理由だ。

 そんな航空会社提携クレジットカードの中でも、特に人気なのがANAのマイルプログラム「ANAマイレージクラブ」で、ANA系クレジットカードの中で、人気No.1なのが「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」。

「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」の人気の理由は3つある。…続きはこちら!

ANAマイルを貯めている人は必見!
2枚のクレジットカード+ポイントサイトを使って
ANAマイルを通常の1.35倍も貯める裏ワザ大公開!

 前回の「人気ナンバー1の『ANAマイル』が一番貯まるおすすめのマイル系クレジットカードは?(前編)」で、「ANA一般カード」と「ANAワイドカード」のどちらを選べばいいのかを比較した結果、普段からよほどANAを利用していない限りは、コスト面で「ANA一般カード」のほうが有利という結論に至った。では、「ANA一般カード」の中で、どのカードがおすすめなのか。今回は具体的に各カードを比較してみよう。

 「ANA一般カード」(もしくはそれに準ずるカード)の中で、もっとも有利なのはどのクレジットカードだろうか。

 主な「ANA一般カード」を細かく比較すると、下記のようになる。…続きはこちら!

※「Apple Pay」対応おすすめクレジットカードを紹介!
Apple Payに登録して得する、高還元率クレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
おすすめのヤング&格安ゴールドカードはコレだ!ページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2016年12月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0%
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
2015年4月1日に新登場!
 Yahoo! JAPANが新発行したカードで、年会費無料ながら、通常還元率は1%Yahoo!ショッピングでは還元率2%(+Yahoo!ショッピング付与分の1%と合計ではなんと還元率3%!)で「Tポイント」が貯まる。国際ブランドに「JCB」を選べば「nanaco」チャージでも還元率1%! 「Tカード」機能搭載なので、街中でも「Tポイント」が貯まる&使える!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA

WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!