ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シェア日本一!のニッチな企業

天然素材使用のエコ歯ブラシで推定シェア90%以上
ファイン

森野 進 [経済ジャーナリスト]
【第4回】 2009年5月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

コストが高くとも
自分たちが作りたい商品

 ポリ乳酸と呼ばれる環境に優しい生分解性樹脂。ファインはこの素材を使用した歯ブラシで推定90%以上の国内シェアを持つ。2008年6月には竹繊維をブレンドした新商品も発売した。

 ファインは歯ブラシ、衛生用品、介護用品などのメーカーである。主力の歯ブラシでは、成人用のほか、ハンドル部分が円形の幼児用歯ブラシ、キャラクター入りなど、さまざまな商品を手がける。なかでも注目されるのが、ポリ乳酸など生分解性樹脂を使ったエコ歯ブラシだ。

 ポリ乳酸とは、トウモロコシのデンプンなどを発酵させて乳酸を取り出し、乳酸の分子を結合して作る樹脂。使用時では普通の樹脂と同じ機能を持ち、使用後に土に埋めると、微生物によってCO2(二酸化炭素)と水に分解される。原料に石油を使わず、植物由来のため燃やしてもCO2が増加しない、環境に優しい素材である。

 同社が初めて生分解性樹脂の歯ブラシを発売したのは1998年。それまでエコ歯ブラシとしてはヘッド交換式の商品が知られていたが、通常のプラスチックに替えてハンドル全体に天然素材を採用したのは、樹脂と紙を混合した同社の「エコット」という商品が最初である。2000年にはポリ乳酸を使用した「エパック:21」シリーズを発売した。  

 商品誕生からすでに10年近く経過するが、いまだに生分解性歯ブラシの分野では、同社の孤軍奮闘状態が続く。同業他社が商品化に踏み切れない大きな理由は製造コスト。ひところよりも安くなったとはいえ、生分解性樹脂の原価は現在でも普通のプラスチックに比べると3~5倍と高価だ。しかも歯ブラシという商品の性格上、価格に大きく転嫁することが難しいためである。

 これに対し、人と環境に優しい商品にあくまでもこだわるのが同社のポリシーだ。「製造コストが高いぶんだけ利益は少なくなりますが、そこは割り切って、自分たちの作りたい商品を作ることに決めたのです」と清水和惠社長は語る。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

森野進 [経済ジャーナリスト]

日刊工業新聞社の記者、雑誌編集者を経て独立。中堅・中小企業の取材をライフワークとして活躍。著書に『女性発明家の着想に学ぶ』(発明協会)、『未公開ITベンチャーの躍動』(共著・オーム社)、『明日のものづくり』(共著・日経BP社)などがある。


シェア日本一!のニッチな企業

日本経済を支えているのは、やはり「ものづくり」の底力。当連載では、そのなかでも「ニッチな市場」にスポットを当て、そのシェアNo.1企業をルポしていく。そこには、地味だけれど驚くべき技術力があった。

「シェア日本一!のニッチな企業」

⇒バックナンバー一覧