ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
中谷彰宏の人生道場

名刺は、先に出されたら負け。

~ 大人のマナー No.001 ~

中谷彰宏 [作家]
【第19回】 2008年3月17日
著者・コラム紹介バックナンバー

『中谷彰宏の人生道場』テーマ第3弾は「大人のマナー」です。マナーには2通りあって、おじぎの角度やタクシーに乗る順番など、新人研修で習うマナーは「守りのマナー」と言えます。しかし、実践で役立つのは臨機応変に対応しなければならない「攻めのマナー」の方です。今回から、一般的には紹介されることの少ない「攻めのマナー」を伝授していきたいと思います。

名刺は、先に出されたら負け。

 究極、名刺は出すスピードです。

 名刺交換の仕方として、「名刺は両手で持ち、名刺入れを座布団のかわりにして」と教わります。

 でも、名刺をモタモタと出す人は、仕事ができないと判断されます。

 名刺交換は一番最初に行われるセレモニーです。

 「どうも、ご挨拶が遅くなりました」と言いながら、素早く出す。男性なら内ポケット、女性ならカバンから素早く出す。名刺を出すスピードの速い人は、仕事ができます。

 より大勢の人に会って、たくさん名刺交換をしている人は名刺を出すのが早くなります。

 仕事のできない人は、すべての行動がダンドリ悪くモタモタしています。こういう人は、名刺を出すスピードが遅いのです。

 名刺入れの中をかき回して「えーっと」と探す人がいます。名刺の整理ができていないのです。1週間前にもらった名刺があったり、ひどい人になると、他人の名刺を渡します。

 人の名刺がたくさん入っているのに「すみません。名刺を切らしていまして」という人はダンドリが何もできていません。

 これは、毎日の出会いをきちんと整理して、お礼状を書いて名刺入れに管理するということができていないのです。

 名刺入れの中が、乱雑になっている人は、仕事ができないということです。

 その人の机の上の状態や仕事のダンドリは、すべて名刺入れに出ます。これが名刺を出すのが遅くなるということです。

 自分より目上の人が名刺を出して待っているのに、「ちょっと待ってください。あ、ありました」と言って、そこから折れた名刺や汚れた大昔の名刺が出てくる人がいます。

 両手で渡す、名刺入れを座布団がわりにするということ以上に、相手に先に出されたら負けです。

 名刺交換は、スピードが命なのです。


【大人のマナーその1】名刺を早出しする練習をしておこう。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
中谷彰宏氏の最新刊『なぜあのリーダーに人はついていくのか』好評発売中!

何もやっていないように見えて、部下に慕われるリーダーは凡人管理職とどこが違うのか。その哲学と具体的な行動様式を分析し、慕われる優れたリーダーの条件をわかりやすく紹介。1365円(税込)

話題の記事

中谷彰宏 [作家]

1959年4月14日、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務所設立。ベストセラー「面接の達人」シリーズを含め、著書多数。中谷彰宏公式ホームページ
ダイヤモンド社の中谷彰宏の本


中谷彰宏の人生道場

中谷彰宏が贈る、心に残るメッセージ集。仕事術から生き方まで、自分を鍛え、夢を実現するための熱きメッセージがいっぱい。

「中谷彰宏の人生道場」

⇒バックナンバー一覧