ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
柏木理佳 とてつもない中国

モラルなき輸入が続く限り、メタミドホス騒動は繰り返す

柏木理佳 [生活経済ジャーナリスト]
【第4回】 2008年2月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 メタミドホスが次々に発見されている。それも、製造元は“日本企業”である。

 2月19日、中国山東省にある「山東仁木食品」が製造した冷凍ニラ肉まんからメタミドホスが検出された。さらに翌日には同じグループ会社の「清清仁木食品」からメタミドホスと同様に毒性の強い有機リン系農薬「ホレート」入りの冷凍カツが見つかっている。

 「山東仁木食品」「清清仁木食品」ともに、中国資本の企業ではない。両社とも、日本企業のニッキーフーズが100%出資するグループ会社で、れっきとした日系企業だ。輸入元は同じグループのニッキートレーディングである。

 驚くことに、このニッキーグループはすでに過去に問題を引き起こしている。2002年に発覚した、ミスタードーナツの肉まんに無認可添加物TBHQが入っていた事件を覚えているだろうか? 「山東仁木食品」はあの肉まんの製造元である。肉まん事件も今回同様、ニッキートレーディングが輸入元であった。

反省のない企業の認識が
混入問題を招いた

 ミスタードーナツ肉まん事件を時系列で振り返ろう。

 2000年12月、ミスタードーナツは無認可の酸化防止剤が混入した肉まんの全国販売を始める。ミスタードーナツを運営するダスキンの担当役員らは、食品衛生法で使用が認められていない酸化防止剤が混入していることを認識していながら口止め料を払い、その後も肉まんの販売を継続していた。2001年に外部納入業者からの通報があったが、ダスキンは2002年の厚生労働省立ち入り検査まで公表しなかった。結局、2002年に旧役員は総退陣し、2003年からは国内での製造に切り替えて販売を再開していることになっている。

 隠蔽問題が社会的問題になり、旧経営陣に対して106億円の損害賠償を求める株主代表訴訟が起こされた。今月13日、旧経営陣ら13人に総額53億円の支払いを命じた2審高裁判決が、双方の上告棄却により確定したばかりである。そんな中、ダスキンとモスバーガー(モスフードサービス)との資本提携が結ばれた。

 この事件はダスキン内部の隠蔽問題に集中し、肝心な製造元については大きく問題視されなかった。だからなのか、「山東仁木食品」は、2006年のFOODエキスポJAPANで堂々と出展している。ちなみに農水省は現在も「山東仁木食品」を、家畜伝染病予防法施行規則第43条の施設にしたままだ。

 ここで2つのことが言える。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

柏木理佳 [生活経済ジャーナリスト]

豪州の大学へ進学後、香港にて勤務。1994年、中国の北京首都師範大学漢語科に留学後、シンガポールで会社設立等に携わる。豪州ボンド大学院MBA取得。中国経済の研究員としてシンクタンク勤務後、嘉悦大学准教授。国土交通省道路協会有識者会議メンバーも務める。現在、嘉悦大学付属産業文化観光総合研究所客員主任研究員、北東アジア総合研究所客員研究員、NPO法人キャリアカウンセラー協会理事。2015年、桜美林大学院にて博士号取得。柏木理佳ホームページ


柏木理佳 とてつもない中国

驚異的な成長の中で、社会や経済の歪みを孕む膨張大国・中国。中国経済の専門家が、日本人には驚きの中国の知られざる現状をレポートする。

「柏木理佳 とてつもない中国」

⇒バックナンバー一覧