ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

無料オンラインマガジンで初の中国席巻!
フォレストライン社長 遠藤大輔

週刊ダイヤモンド編集部
【第43回】 2008年9月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
フォレストライン社長 遠藤大輔
フォレストライン社長 遠藤大輔(撮影:宇佐見利明)

 「メディア規制が厳しい中国で、メディアを持つことができたら、商機をつかめるはずだ」。遠藤大輔はそう思い、中国でフォレストラインを設立、オンライン市場に参入した。2003年のことである。

 オンラインマガジンは、インターネット上で閲覧される雑誌。フォレストラインでは、「フラッシュ」というウェブコンテンツ作成ソフトで制作し、動画が見られたり、音声が聞けたりなど、オンラインマガジンならではの誌面を企画・制作する。回線速度が遅い中国でも雑誌をスムーズに閲読できるよう、ダウンロード形式を採っている。

 設立後わずか4年で、100万ダウンロード以上のオンラインマガジン市場で、シェア50%を占めるまでに成長。8月1~15日のダウンロード数トップ10では、ブログ女王・徐静雷(女優)を起用して人気を博す「カイラ」(1位)をはじめ、なんと9誌を手がけている。

 これだけのシェアが獲得できた秘訣は、制作プロセスを変革したことにある。“クリエイティブのライン化”を図ったのだ。

 通常、雑誌制作といったクリエイティブな作業は、企画、デザイン、写真加工、配信など、全工程が1人のクリエーターに一任される。それを遠藤は、スキルごとに分業化した。

 一気通貫のプロを育成するのは難しいが、個々の工程のスペシャリスト養成は比較的容易。同じ作業を毎日繰り返させることで、短時間で熟練並みのスキルを習得させた。その結果、大量の人材確保と、作業時間の短縮が可能となった。

 また、スキルの高低で給料の設定を変えられるため、作業に見合ったぶんだけ人件費を払えばよい。そのため、日本での制作費の4分の1という、低コスト制作が可能になった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧