ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

ゼロックスCEO アーシュラ・バーンズ 今後成長の可能性が高いのは“紙”と無関係のサービス事業

週刊ダイヤモンド編集部
2015年7月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

富士ゼロックスの母体企業で、世界最大の複写機メーカー米ゼロックス。だが現在、事業の主力は複写機とは無関係のサービス事業だ。

Photo by Jun Takai

──足元のビジネスの概況は。

 現在、売上高の54%がサービス事業で、プリンタ関連のハード事業は43%程度だ。今期はサービス事業が1桁パーセントの半ばでのプラス成長、ハード事業は同1桁の半ばでの減少予想で、全体で3~4%の売り上げ成長を見込む。

 サービス事業ではビジネスプロセス・アウトソーシング(BPO)事業を中核として育成中だ。

──BPO事業とはどんなものか。

 交通機関の料金収受システム運用やレセプト(診療報酬請求)業務、企業のサポートセンター業務のアウトソーシングなど、多岐にわたる。2009年にこの分野では最大手のAffiliated Computer Services(ACS)を買収したのを機に、急速に拡大してきた。

 ヘルスケア、金融・会計、人事、通信、小売り、交通などの重点産業に絞り、サービスを提供する。“紙”とは関係ない事業も多い。事業の選択の条件は、大量の処理業務が発生し、世界で横展開ができ、一般的に情報を扱い、最終消費者に関係すること。これだけ幅広い分野のBPOを1社で手掛けている企業は当社の他にない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧