ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
商品市場透視眼鏡

目先やや高止まりの原油価格
中長期では需給緩和が進む

芥田知至 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部主任研究員]
2015年7月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 原油の国際指標である欧州北海産のブレント原油は、7月に入って下落幅が拡大し、1バレル当たり60ドルを下回った。ギリシャ情勢の混迷や中国の株安を受けて、投資家のリスク回避の動きが強まり、リスク資産である原油も売られた。

 もっとも、銅や鉄鉱石が年初来の安値を更新して下落したのに対して、ブレント原油は1月の安値(45.19ドル)に比べて、2割程度高い水準にとどまった。

 この背景には、銅や鉄鉱石が最大消費国である中国の景気減速に伴う需要鈍化を懸念して下落幅が大きくなったのに対して、原油は最大消費国の米国の景気が底堅さを保っていることや、中国が石油備蓄を積み増していることなどがあるとみられる。

 しかし、原油についても、通常言及される期近物ではなく、決済期日がもっと先の期先物の価格を見れば、様相が異なる。例えば、3年物の先物価格を見ると、7月に入ってからの下落局面で、年初来の安値を更新している。これは、先行きの原油価格が低迷を続けるという観測が強まっていることを意味する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


商品市場透視眼鏡

農産物・鉱物などの商品投資家のニーズに応えるコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、商品市場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「商品市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧