ベトナム 2015年7月21日

ベトナムが迎えた40回目の南部解放記念日
ハノイ、ホーチミン、そして在米越僑、それぞれの思い

日本で15年間の編集者生活を送った後、ベトナムに渡って起業した中安さん。日本にいたときに想像していたベトナムと実際に住んでみて感じるベトナムには、さまざまな違いがあったという。今回は40回目を迎えた南部解放記念日に改めて感じた「南北問題」をレポートします。

 今年はベトナムにとって、いくつかの重要なできごとが節目を迎える年だ。ベトナム民主共和国の樹立が1945年9月2日で、つまり70周年(その後1976年に、現在の国名であるベトナム社会主義共和国に改称)。1975年4月30日には、北ベトナム軍が南ベトナムの首都・サイゴン(現・ホーチミンシティ)を「解放」し、ベトナム戦争が終結した。これがいわゆる「南部解放」で、今年が40周年にあたる。

 これが「解放」なのか「陥落」なのは、立場によって見方が変わるところだが、ここでは「解放」としておく。アメリカとの国交が回復したのは1995年7月で、こちらは20周年。

 今回は「40年目を迎えた4月30日」について書いてみたい。とは言え、この日の持つ意味については、専門家ではない私のような人間ですら、書きたいことがあり過ぎて収拾がつかない。さらに、本職のジャーナリスト、ベトナム研究者などが発表された素晴らしい記事が、既にたくさんある。そういうわけで、ここで紹介するのは、私のささやかな個人体験談である。

驚くほど冷めている南部の人たち

 まず、南部解放の舞台になったホーチミンシティの人たちは、どのように運命の日を迎えたのだろう。今年の「南部解放記念日」は、40周年という節目の年だけに、例年以上に盛大だった。

 4月30日が近づくにつれ、町の中には、40周年を祝う立て看板が雨後の竹の子のように増えて来て、祝賀ムードを盛り上げる。しかし、私の周りのベトナム人たちは、驚くほど冷めていた。

 「南部解放40周年? バカバカしい」と冷笑する人。「思い出したくもない悪夢の日だ」と怒りを露わにするお年寄り。「私たちには関係ないわ。ただの大型連休。祝賀行事を見たいって? まさか! 連休中は国外脱出よ」という若い人たち。「そもそも、解放といういい方がおかしい。この日に我々は国を失ったのだ」と言う人もいる。

 ある人に「それでも分断されていた国がひとつになったのだから、基本的にはいいことですよね」と、無邪気に私が言葉を返すと、「北朝鮮が大韓民国を武力で統一しても、あなたは同じことを言えますか?」と反論された。

 「この日のために、ベトナム国外から、当時のジャーナリストたちを含む報道陣がホーチミンシティにやって来る」と言っても「物好きねえ」程度の反応しかない。私の周りで、40周年を迎えた4月30日で盛り上がっているのは、皮肉なことに外国人ばかりだった。

通りにはこのような垂れ幕や看板が溢れていた。デザインは多種多様で、私が見ただけで20種類近くあった【撮影/中安昭人】
左はダイヤモンドデパートのショーウインドウ。こんなところまで、解放40周年のポスターが掲げられている。ビルの壁面にも看板が設置された(写真右)【撮影/中安昭人】
これは統一会堂(元・大統領官邸)から伸びるレユアン通りの夜の様子。ここを北ベトナム軍の戦車が進行し、大統領官邸(当時)に突入して戦争に終止符が打たれた。左の旗はベトナム国旗。右側は南ベトナム解放民族戦線(通称ベトコン)の旗である【撮影/中安昭人】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。