ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「先生が患者ならどうします?」
【第4回】 2015年7月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
岡田正彦

夏風邪に一番効果的なのは
市販薬?処方薬?それとも……

1
nextpage

日本各地で続々と梅雨明け宣言が出されています。これで本格的な夏到来!ということでしょうが、この時期から活動し始めるのが、「夏風邪」のウィルスです。しかしこの夏風邪、なかなか治らない原因が、私たちが普段当たり前に飲んでるアレだとしたら……。

総合感冒薬の無意味
を知っていますか?

 「鼻水が出る、咳が止まらい、悪寒がする……、これは風邪かな?」

 そう感じたときに、普段私たちがとりがちな行動が、「クスリを飲む」ということではないでしょうか。
 ドラッグストアで買える風邪薬(総合感冒薬)には、さまざまな成分が含まれています。以下は、ある売れ筋の風邪薬の場合です。

・トラネキサム酸(炎症を抑える。病院で使われるトランサミンと同じ)
・イブプロフェン(熱を下げ、痛みを取る)
・クレマスチンフマル酸(アレルギーを抑える。眠気を催す)
・ブロムヘキシン塩酸塩(痰のきれをよくする)
・dl‐メチルエフェドリン塩酸塩(自律神経に作用して咳を抑える)
・ジヒドロコデインリン酸塩(脳に作用して咳を抑える)
・チアミン硝化物(ビタミンの1つで、口の中の炎症を抑える)
・リボフラビン(口腔内の粘膜の荒れを修復する)

 ほかの商品もほぼ成分は同じです。なぜ、これほど多くの成分が配合されているのかといえば、風邪の症状がそれだけ多彩だからです。
 発熱、鼻水、のどの痛み、咳、痰などは、風邪の際に誰でも経験したことがあるでしょう。
 しかし、これらの症状はすべて私たちの体に防御機能が備わっているからこそ生じるものです。風邪の原因となるウイルスは熱に弱く、体は発熱することによってウイルスを撃退します。
 鼻水、咳、痰などの症状は、ウイルス感染で傷んだ細胞の残骸などを体外に排出するための大切な機能です。
 そうです、すでにお気づきのように、風邪薬は、病気から回復するための防御機能をすべて抑え込んでしまっているのです。

 実際、外国での調査によれば、風邪をひいたあとクスリを飲んだ人たちのほうが、飲まなかった人より回復が遅れることがわかっています。
 風邪を早く治す秘訣は、昔から言われているように、「栄養を取ること」「体を休めること」「水分を十分に取ること」に尽きるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



「先生が患者ならどうします?」

「医師に本当のことを聞き出すためには、“先生が患者ならどうします?”と聞くのが一番」なのだとか。このクスリは飲んでもいいの? この検査は大丈夫? 医療統計学の第一人者で新潟大学名誉教授でもある著者が、最新のエビデンスを元に、本当に信頼できる医療とは何かをご紹介していきます。

「「先生が患者ならどうします?」」

⇒バックナンバー一覧