ベトナム 2015年8月17日

ジャパニーズイングリッシュを駆使して、
ベトナムで活躍する日本人たち

日本で15年間の編集者生活を送った後、ベトナムに渡って起業した中安さん。英語が苦手だったという中安さんは、いかにしてベトナムで英語を使ってビジネスをしているのか--。海外で暮らす日本人、これから海外でビジネスをしようと思っている日本人に共通の悩み・不安にズバリ答えます。

「日本人は英語ができない」という定説にモノ申す!

 我々日本人は、もっと自分の英語力に自信を持つべきだ。

 ベトナムは英語圏の国ではないが、外国人が仕事現場でベトナム人との意思疎通に使う言葉は英語だという場合が多い。「大学で英文科を出た」とか「アメリカに留学した経験がある」とかいうわけではない「普通の日本人」が、ベトナムでは、英語を武器に活躍している。

 私自身、ベトナムで13年間暮らしているが、ベトナム語はいまだに日常会話の域を出ず、仕事の現場では、英語を使うことが圧倒的に多い。では、私が学生時代に英語が得意だったかというと、まるで逆だ。「現在分詞」「過去分詞」などが出てくるようになった時点で、授業についていけなくなった。試験も赤点の連続。中学3年生の3学期末には、「これでは卒業させるわけにはいかない」と、英語の補習授業を受けさせられた。

 そんな私が英語で仕事ができるようになったのはなぜか。普通だとここで、「私はいかにして英語力を身につけたのか」という、自慢話めいた英語学習体験談が続くのだろうが、私の場合、そういう話はない。他人様にお披露目できるような学習体験がないからである。

 やる気だけはあって、NHKの英語講座を聴いたり、ペーパーバックを買って来たりと、少しは努力もした。3年ほど、外資系の会社で仕事をしたこともある。その時は、確かに英語力が上がったと思う。

 しかし、自分が思っているほど、英語力は身についていなかったようだ。フリーランスの編集者だった私は、「売り込みをしなくても、仕事がもらえたらいいな」というよこしまな考えで、ある人材派遣会社に登録した。外資系企業で勤務をした後だったので、英語に対する自信もないではない。

 担当者から「英語は?」と質問され、「一応、英語で仕事ができるレベルだと思います」と答えたら、英語力を診断するテストを受けさせてくれた。結果は……、散々だった。「中安さん、失礼ですが、あなたの英語力は、ビジネスレベルどころか、日本人の平均点以下です」と笑われた。

 その後、ベトナムに来るまでの間、仕事で英語を使う機会も、勉強する機会もなかったから、英語力は更に落ちたに違いない。そんな人間でも、海外に出て英語で仕事ができるのだから、日本人の英語レベルは相当高いと思うのだ。

 ところが一方で、ベトナムにおいても、「日本人は英語ができない」というのは、定説となっている。私が英語で話を始めると、周囲のベトナム人から「あ、この人、日本人なのに英語をしゃべるよ!」と驚かれたことは、数え切れない。

 実際、ベトナム人、タイ人、カンボジア人など、いろんな国の人たちが、英語で議論をしているのに、日本人だけが黙っているという情景も目にする。どうして、こういうことになってしまうのだろう。

ベトナムの主要6都市で26の教室を展開している「ILA」という英語学校の校舎の1つ。留学希望者、それから職場で英語が必要な人など、多彩なニーズに対応している。月々の月謝は2万円くらい。統計上の平均月収が2万円少々のベトナムでは、決して安くない【撮影/中安昭人】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。