創続総合研究所

「親の面倒は俺がみる」「兄さんお願いね」が「争続」に変わる時
~トラブルを生みやすい不動産の相続

現金、不動産、有価証券など、相続財産にもいろいろあります。「遺産の大部分は預金です」というケースなら、ある意味、分けるのは簡単。困るのは、例えば「主な資産は自宅で、現金は僅かしかありません」という家庭です。そのままでは、自宅を相続する人と、それ以外の相続人との間に、大きな「格差」が生じるのを避けられません。そこに、「私が親を介護したんだから、家をもらって当然だろう」といった感情が絡むと、相続はまさに泥沼に。そうならない妙案はあるのでしょうか? 相続に詳しい斎藤英一税理士(税理士法人斎藤会計事務所)に聞きました。

遺産の5割超が不動産

八木 「親の遺産」とひとことで言っても、預金や不動産など、いろんな種類があります。

斎藤英一氏
税理士/税理士法人斎藤会計事務所所長
1988年の事務所開業直後から会社設立支援に力を入れ、創業・融資・事業拡大と100社を超える経営計画のサポ-トを行う。近年は高齢の親を持つ子世代を対象にしたWebサイト「オヤノコト.net」で自らの体験を生かした相続人向けの相続について連載。またハウスメ-カ-や銀行主催の相続税セミナ-講師も務める。著書に『親子で進める二世帯住宅節税』(幻冬舎)など。

斎藤 金額的に一番大きいのは何か、ご存知ですか?
 下の表を見てください。国税庁調べによる、相続財産の種類別の金額(2011年)です。あくまでも全体の話ですけど、圧倒的に土地が多くて、建物と合わせた「不動産」で括ると、総額の50%を超えるんですよ。

八木 ところが、分けようと思えばスパッと分けられる現金と違って、不動産の相続には、いろいろと大変なことも多いんですよね。

斎藤 そうです。相続される不動産が複数あったら、遺産分割協議の場で、誰がどの不動産をもらうのかを決めなければなりません。分けたのはいいけれど、そこに相続税がかかってくる場合には、そのための資金を確保する必要も出てきます。相続財産の大半が不動産で、現金はあまりもらえなかったために、相続税の支払いに窮してしまった、という話は、そんなに珍しいことではありません。
 一番難しいのは、「相続財産の大半は自宅」というケースです。例えば、長男夫婦と同居していた親が亡くなって、相続が発生。ところが、自宅以外に財産がほとんどなければ、残りの兄弟はもらおうにも、もらうものがない、という状況に陥ってしまうかもしれないわけです。

創続総合研究所 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS

 


八木美代子 [株式会社ビスカス代表取締役]

早稲田大学卒業後、リクルート入社。1995年に株式会社ビスカスを設立。税理士を無料でご紹介するビジネスモデルを日本で初めて立ち上げ、現在まで10万件以上のマッチングを実現。相続に強い税理士のみを集めたサイト「相続財産センター」を運営し、相続コーディネーターとしても業界ナンバーワンの実績を誇る。著書に『相続の現場55例』(ダイヤモンド社)、『相続、いくらかかる?』(日経BP社)、『相続は『感情のもつれ』を解決すればお金の問題もうまくいく』(サンマーク出版)などがある。
株式会社ビスカス

 


相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術

相続の別名は、「争続」。仲の良かった兄弟姉妹が親の遺産を前に骨肉の争いを演じるというのは小説やテレビドラマの中だけの出来事ではないようです。諍いの中心はもちろん「お金」。ですが兄弟姉妹には、他人がうかがい知ることのできない「本音」「思い」があるようで……奥底にある「心の綾」を解きほぐすと争いから一転、分かりあえるのが家族。そうした「ハッピー相続」の例を解説します。

「相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術」

⇒バックナンバー一覧