創続総合研究所

「親の面倒は俺がみる」「兄さんお願いね」が「争続」に変わる時
~トラブルを生みやすい不動産の相続

親と長男の同居に大賛成の兄弟だったが

八木 そのままでは、相続人の間に大きな不公平が生じてしまう。そんな事例はありますか?

八木美代子
ビスカス代表取締役

斎藤 母親と二世帯住宅に同居していた長男の方が、相談に来られたことがありました。すでにお父さんは亡くなっていて、その相続の時には、遺産の多くをお母さんが受け継ぎ、長男も若干の現金を受け取っていたようです。あえて「ようです」と言ったのは、その一次相続(*)は別の税理士さんが担当していて、私はタッチしていなかったからです。ちなみに、あと二人の兄弟、長女と次男は、一次相続では何も相続しませんでした。
 二人がそれで納得したのには、「自分たち夫婦が親の面倒をみるから」という兄の姿勢を「買って」いた、という事情もありました。「兄貴夫婦に任せれば安心だ」と、親との同居を喜んでいたわけですよ。

八木 ところが、いざ次の相続になったら……。

斎藤 母親の遺産は、評価額9000万円ほどの自宅と土地、それに現金が約2000万円でした。正確に言うと、自宅の評価額9000万円というのは、母親の持分。二世帯住宅を建てる時に、長男も資金を出していて、物件は親(最初は父、その後母)と長男の共有名義になっていました。長男の持分は、3000万円ほどでした。
 長男は「ずっと親と同居していたし、宣言通り面倒もみた。自宅は丸々自分がもらって当然」というスタンスでした。ところが、一次相続の時には静観していた長女、次男も、二次相続(*)では、黙ってはいなかったのですね。「兄の“総取り”みたいな相続は、おかしい」と主張したのです。

八木 相続財産に占める自宅のウエートが、圧倒的に高いですからね。仮に現金を1000万円ずつもらっても、ちょっと割に合わないじゃないか、と感じたのですね。

*一次相続と二次相続
親からの相続で、父母どちらか一人目が亡くなって発生するのが一次相続。もう一人も亡くなった時が二次相続。

創続総合研究所 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS


 


八木美代子 [株式会社ビスカス代表取締役]

早稲田大学卒業後、リクルート入社。1995年に株式会社ビスカスを設立。税理士を無料でご紹介するビジネスモデルを日本で初めて立ち上げ、現在まで10万件以上のマッチングを実現。相続に強い税理士のみを集めたサイト「相続財産センター」を運営し、相続コーディネーターとしても業界ナンバーワンの実績を誇る。著書に『相続の現場55例』(ダイヤモンド社)、『相続、いくらかかる?』(日経BP社)、『相続は『感情のもつれ』を解決すればお金の問題もうまくいく』(サンマーク出版)などがある。
株式会社ビスカス

 


相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術

相続の別名は、「争続」。仲の良かった兄弟姉妹が親の遺産を前に骨肉の争いを演じるというのは小説やテレビドラマの中だけの出来事ではないようです。諍いの中心はもちろん「お金」。ですが兄弟姉妹には、他人がうかがい知ることのできない「本音」「思い」があるようで……奥底にある「心の綾」を解きほぐすと争いから一転、分かりあえるのが家族。そうした「ハッピー相続」の例を解説します。

「相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術」

⇒バックナンバー一覧