ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

出遅れセクターの水準訂正へ
次は内需関連、金融株の出番か

2009年5月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 3月中旬から始まった上昇相場において、輸出関連セクターが先導したが、次は出遅れていた内需関連セクター、なかでも金融株の出番になるのではないか。

 「100年に一度」「未曾有の」などの修飾語に代表される急激な景況感の悪化。ところが、それらは中国の製造業購買担当者指数(PMI)、先進各国の景況感を示す経済指標によって改善が予感され、世界の株式市場は反発。世界景気敏感株とされる東京株式市場も同様の動きを見せた。

 これをセクター別に分析してみると、物色動向にいくつかの特徴が見られる。グラフは業種別株価指数の動きを、2008年8月から見たものである。

物色対象輸出関連から内需関連へ

 日経平均株価が一時7000円を割り込んだ08年10月17日を1とした。便宜上、東証33業種のうち5月1日時点で時価総額が5兆円以上の12業種をピックアップし、さらに輸出関連と内需関連に分離している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧