ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

下げ止まらぬ株価と物価狂乱
五輪後の中国は不満の爆発を抑えられるか

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第5回】 2008年8月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 中国人の誰もが五輪に賭けた。そして2度目の6000ポイントを夢想した。だが、8月1日の上海総合株価指数は2775ポイント。昨年10月にピークをつけたその半分を下回ってしまっている。物価高騰を株で埋め合わせしてきた庶民の、その憤懣はどこに向かうのか。ポスト五輪はむしろ格差問題がクローズアップされるだろう。

 「中国加油!(中国がんばれ)」――。北京五輪を前に上海市民の期待感も高まるが、しかし、彼らにとっての最大の関心事は株価だ。「株はどうなっちゃったのさ」「五輪前に上がるんじゃなかったの」。それが彼らの本音。株にほとんどの財産をつぎ込んでいる彼らは、「上がったと思ったら翌日には下がる」最近の市場に不満タラタラだ。

 「絶対大丈夫、僕を信用して。あなたを必ず儲けさせてあげるから…」

 そう熱く口説くのは、上海の某外資系銀行の中国人営業マン。07年も終わろうとする頃、彼はエクイティファンドを手持ちの顧客に熱心に勧めていた。この商品は集めた資金を上海A株で運用するというものだ。

 「この短期間のうちに、あなたの50万元(約750万円)は70万元、80万元になるはずですよ。なんたって2008年は北京五輪があるから・・・」

 この言葉にグラッと来た顧客たち、その名前が彼のPCのリストに追加された。

 彼ら“プチリッチ”の五輪の夢は砕けた。だが、その痛手はさほど深刻ではない。問題はほとんどの現金を株につぎ込んだ庶民たちだ。

誰もが夢見た
2度目の6000ポイント

 そもそも、上海庶民の株への投資は1990年にさかのぼる。上海証券取引所が開設されると庶民の金がここに集中した。不動産を買うほどのまとまった資金がないため、「増やす」といえばこの選択しかなかった。しかし、儲けなどほとんどなかった。手持ちの株の塩漬け状態は、97年のアジア通貨危機を経て05年末まで続いたのである。

 ところが、北京五輪がいよいよ目前のものとなると、投資の機会が到来したとばかりに買いに転じ、上海株式市場は06年春からいよいよ上げ基調に入った。07年2月は上海総合株価指数が8.8%急落、「世界同時株安」現象が起こるも、その後、どんどん上がる株式市場に誰もが呑み込まれていった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧