ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

根性・気合不要!法人営業の革命児 エムエム総研社長・萩原張広

週刊ダイヤモンド編集部
【第6回】 2007年11月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 法人向けの新しい商品やサービスを持っているのに、なかなか面談の約束(アポ取り)や商談まで持ち込めない――。

 そんな悩みを抱える企業のために、アポ取りを代行して商談をセッティングしてくれる会社がある。法人の新規開拓営業を支援するエムエム総研だ。

 インターネットの普及で、いまや顧客はさまざまな情報を入手できるようになった。おのずと営業マンには、ソリューション提案などより深い専門性が求められるようになり、業務量は増えるばかり。アポ取りまで手が回らない場合が多い。

 社長の萩原張広は、そこにビジネスチャンスを見出す。アポ取りや商談のセッティングなど営業のリード部分の業務をアウトソース(外注)すれば、営業マンは顧客への提案などコア業務に専念することができる。この狙いが見事に的中し、現在取引先は約800社まで広がり、2007年7月期の売上高は11億円を超えた。

 「日本の営業を変えたい」――。それが萩原の起業の原点にある。萩原自身、ずっと営業の世界で生きてきたものの、飛び込み営業に象徴される根性と気合の世界には、どこか違和感を覚えていた。

米国視察で見た営業“分業化”に衝撃!
独立のきっかけに

 今でこそ営業を生業にする萩原だが、もともと人と接するのは苦手だった。そんな萩原が最初に飛び込んだのは、皮肉にも個人向けの英会話カセットの営業だった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧