ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
1枚のシートで経営を動かす
【第8回】 2015年8月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
宮田矢八郎 [産業能率大学経営学部教授]

自己の実相を知ることは、
「ありのままの心」を発見することです

結局、経済も経営も人生も、その究極の知恵は自己を知るところにありそうです。人間学の究極とは、自己の実相を知ることです。

 自己実現的人間にとって自己とは頭(知的能力)です。だから、自己実現は成功要因になります。しかし、本当は自己とは心です。そして、頭と心とは必ずしも一致しない。そこに人間の問題があります。最大の問題は、頭には心と違って倫理性が反映しないのです。

 そこに欲望が登場します。比喩的に表現すれば、かつてはつながっていたであろう頭と心の間に、寄生虫のごとく欲望が入り込み、頭と心を切り離すという状況が生じます。

 ここに失敗の必然性があります。経営者の失敗、政治家の失敗、研究者の失敗、エンターテイナーの失敗等々、メディアが報じる成功者の失敗の大方は、その技術的領域での失敗ではなく、「人間」で失敗しています。ここに問題の本質があるのです。

 頭――知性と意識――、心、欲望。そして、人間が自分の本当の姿に気づくのは?

 人生失敗の気づきと苦しみが、心に自分のありのままの姿を見せるのです。この心が見るもの、目の前に展開する風景は一種、独特のものです。そこでは、妄想の泥土――頭が作り出す役立たずの想念――が完全に拭い取られています。そして、自分の本当の姿、心のいわば岩盤がさらけ出されています。

 そのような状態を「ありのままの心」と表現しましょうか。妄想の知の計らいや賢しらのない心の状態です。そこには自己がありません。

 この自己超越の次元に到達する方法として、マズローは「至高経験(peak experience)」の事例を収集しています。忘我の境地、エクスタシー、超常体験、幸福感や万能感等々、超越者が経験したであろう至高経験の収集。

 この宇宙が芸術的宇宙、宗教的宇宙ならそれは正しいアプローチでしょうが、この宇宙の本質は倫理的宇宙です。したがって、至高経験アプローチはマズローの期待と裏腹に、自己実現レベルの探求に終わり、自己超越には到達しないのです。至高経験では倫理的宇宙の裾を見るくらいで、本質には触れ得ないのです。

 逆に言えば、「ありのままの心」の発見には、人間が欲望を自己と妄想して生きて来た「人生」に対する徹底した認識――懺悔――が要るのです。

 ところで、「ありのままの心」には自己がないと述べました。それはどういうことでしょうか。

 人間はロシアのマトリョーシカ人形のようなものかも知れません。入れ子構造です。

 私とは何か? 肉体である。しかし、肉体の細胞は入れ替わるし、仮に一部がなくなっても私は私である。そうか、私の本質は頭だ。知と意識とこれをつかさどる脳。しかし、これが妄想の元でもあったな。意識は別としても、妄想の原因たる自我頭に永続性はなさそうだ。そして、「ありのままの心」の発見。しかし、「ありのままの心」に懺悔の意識はあっても、それが見出すものは超越世界だけである。

 このように展開して、結局、ラッキョウならぬ自己の皮むきをやったら、究極に見出し得るものは超越世界だけだったということです。

 しかし、意識は残るじゃないかとの質問が想定されます。ここは私もどう理解すれば良いかわかりません。少なくとも言えることは、それは機能としてのみ存在しているということで、そこに存在の主人公の地位を与える必要はないということです。

 私の解釈ですが、これを釈迦は「自己不在」と表現しました。確かに、そこ(意識の機能)に自己を付着させる必要はないのです。この「自己不在」の発見が世界に仏教を生じさせました。

 釈迦は妄想の自己と妄想の社会を空虚なものと見切って「空」と表現しました。しかし、同時に、それをそのように見せたものがあったわけですが、後代の大乗の論師達が(代表は龍樹・ナーガールジュナ、150~250頃)これをも言語表現不可能なものとして「空」と表現したため、後世の人間にとっては非常に曖昧なメッセージと化してしまったのです。

 空の実在的側面を忘れてはなりません。「作られざるもの(=ニルバーナ)を知り」(『真理の言葉・ダンマパダ』97)あるいは「不生なるものが有るからこそ」「作られざるもの(=無為)を観じるならば」(『感興の言葉・ウダーナヴァルガ』第26章21)と釈迦が述べたように。

 結論です。自分を知ることなしには何も始まらないのに、自分を知ることの何と難しいことでしょうか。

 「ありのままの心」の発見、これが自己の実相を知ることです。これは回心とか悟りと呼ばれる人間の経験の重要な側面です。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


宮田矢八郎 [産業能率大学経営学部教授]

 

1948年長崎県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、中小企業金融公庫(現・株式会社日本政策金融公庫)入庫。1999年産業能率大学教授。主な著書に『経営学100年の思想』『収益結晶化理論』『理念が独自性を生む』(以上、ダイヤモンド社)、『禅資本主義のかたち』(東洋経済新報社)、『コンサルティング会計』(PHP研究所)、『情報創出型金融』(金融財政事情研究会)などがある。

 


1枚のシートで経営を動かす

『1枚のシートで経営を動かす』著者で、産業能率大学経営学部教授の宮田矢八郎先生による経営、財務、金融などさまざまな分野の最新動向、トピックをわかりやすく紹介する連載です。

「1枚のシートで経営を動かす」

⇒バックナンバー一覧