ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

監禁致死事件犯が政治家秘書になる
“社会復帰”の是非

降旗 学 [ノンフィクションライター]
【第125回】 2015年8月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

過日の朝日新聞がとてもお茶目な『天声人語』を書いたので紹介したい。自民党・武藤貴也衆議院議員のツイートについてである。だが、それがあまりにも朝日的というか「利己的」な内容だったので、アレンジしてみた。

 〈未熟な若手議員の放言に過ぎないのだろうか。そうは思えない。自民党の武藤貴也衆議院議員が、安保関連法案に反対する学生グループ「SEALDs」の主張について、「『だって戦争に行きたくないじゃん』という極端な利己的考え」と批判した。ツイッターへの投稿だ〉
   ↓
 〈未熟な新聞記者の放言に過ぎないのだろうか。そうなのだろう。朝日新聞社の冨永格(ただし)特別編集委員が、ナチス・ドイツの旗を持った人たちのデモ写真をアップし、「東京での日本人の国家主義者によるデモ。彼らは安倍首相と彼の保守的な政権を支持している」と書き込んだ。ツイッターへの投稿は英語とフランス語によるものだった〉

 〈武藤氏は続けて「利己的個人主義がここまで蔓延したのは戦後教育のせいだろう」と述べる。戦争を起こすな、憲法九条を守れという訴えが利己的とは、いかなる理屈なのか〉
   ↓
 〈ツイッターが炎上するやいなや、冨永氏は「きょうのヘイトデモに関する英仏ツイート(削除ずみ)について。嫌韓デモに参加する人たちには安倍首相の支持者が多いという趣旨でしたが、英語ツイートに「一般的に」の言葉が抜けていたので、彼らがこぞって首相を支持しているかの印象を与えるツイートになってしまいました。失礼しました」とツイート上で謝罪した。記事は捏造しろ、バレたらテケトーにお詫びしておけという社是とは、いかなる新聞社なのか〉

 〈武藤氏ほど露骨ではないにしても、類似した志向性が自民党にはあることを忘れるわけにはいかない。そのような政権による安保法案であることも〉
   ↓
 〈冨永氏だけが特別というわけではないにしても、慰安婦報道捏造・ねじ曲げ吉田調書・自作自演サンゴKY事件・取材対象者に対しひどい目に遭わせてやる発言にあるように記事をでっちあげる体質が朝日新聞社にはあることを忘れるわけにはいかない。そのような新聞社の隠れ本社が中南海に、隠れ支社が青瓦台にあることも〉

 この冨永特別編集員は、どうやらずっと以前、ハーケンクロイツ旗を掲げた愚か者たちのデモを写した写真を「ヘ~イ、世界の諸君、これが安倍政権を支持する人たちなんだぜ」と偽って発信したようです。しかも、ご丁寧に英語とフランス語の両方で。でっちあげをさも事実の如く報じるやり方は朝日新聞社が伝統的にお得意とする報道方針みたいなので、きっとこれからもやります。やり続けます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

降旗 学[ノンフィクションライター]

ふりはた・まなぶ/1964年、新潟県生まれ。'87年、神奈川大学法学部卒。英国アストン大学留学。'96年、小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。主な著書に『残酷な楽園』(小学館)、『敵手』(講談社)、『世界は仕事で満ちている』(日経BP社)他。


新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

三面記事は、社会の出来事を写し出す鏡のような空間であり、いつ私たちに起きてもおかしくはない事件、問題が取り上げられる。煩瑣なトピックとゴシップで紙面が埋まったことから、かつては格下に扱われていた三面記事も、いまでは社会面と呼ばれ、総合面にはない切り口で綴られるようになった。私たちの日常に近い三面記事を読み解くことで、私たちの生活と未来を考える。

「新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く」

⇒バックナンバー一覧