ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

高級外車でも安心価格で利用できる
新手の自動車リース事業で急成長!
ドクターペイント社長 永江伸崇

週刊ダイヤモンド編集部
【第107回】 2010年3月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
永江伸崇
ドクターペイント社長 永江伸崇(撮影:宇佐見利明)

 「“ピンクのキャデラックに乗りたい”というお客さんがいれば、探してきます」

 自動車リース事業で急成長しているドクターペイント社長の永江伸崇は笑う。

 彼が考えついた自動車リースは他社とはひと味もふた味も違う。利用料金は月額固定(基本は2年間のリース)、故障時の費用負担はいっさいなく、維持費(ガソリン、任意保険、駐車場等は除く)もかからない。しかも、どんなクルマでも探し出してくれる。

 たとえば、ポルシェなら月12万8000円。BMWのオープンカーなら月8万5000円。2年ごとに乗り換えるならば、ローンを組むより圧倒的に安いから、あっという間に口コミで人気に火がついた。店舗は愛知、三重、神奈川の3県にしかないが、札幌から福岡まで、全国から注文が舞い込んでくる。

 この景気低迷の最中にあって、「今も400件のオーダーを抱えている。お客さんの要望に対応し切れていない」とうれしい悲鳴を上げる。

 もともと起業に興味があったわけではない。自分が没頭できるなにかを見つけたかった。大学時代にはバイクレースにのめり込んだ。アルバイトで稼いだカネをすべてつぎ込み、練習に明け暮れた。ついにはスポンサーがつくほどの実力になったが、上に行けば行くほど、トップライダーとの力量の差を実感した。

 こうと決めたときの決断は速い。レースの世界を諦め、バイクを売って手にした300万円で、起業家を目指すことに決めた。サラリーマンになろうとは、さらさら思わなかった。

 とはいえ、当時は大学生。経営の知識も経験もない。少額で始められ、かつ利益率の大きなビジネスを探し、目をつけたのがハンコ店。大学3年生の秋、ハンコ店チェーンのFCオーナーとなった。

 譲り受けたときは経営赤字に陥っていた店舗だが、チラシ投函、大学での売り込みなど、とにかくできることをがむしゃらにやった。1年後には黒字化した店舗を売却し、多額のカネを手にする。この間に大学を卒業し、洋服の輸入販売、ペットショップ、飲食店など、儲かりそうだと思えば、手当たり次第に事業を拡大していった。

 特に英国製の若者向けアパレル商品の輸入販売が人気を博し、わずか7坪の店で年商1億円を売り上げる。永江は20代前半の若さで3000万円の年収を稼いでいた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧