ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

日本の成長戦略と株式投資

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第122回】 2010年3月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 経済産業省のホームページにある「日本の産業を巡る現状と課題」という資料がなかなかおもしろい。

 日本の産業/企業が「なぜ技術で勝って、事業や利益で負けるのか?」「主要産業の将来像」「これからの産業政策の方向」といった興味深いテーマについてデータ付きでまとめられている。

 日系企業の収益が振るわない理由の一つとして、液晶テレビ、鉄道、原子力、水、画像診断機器といった産業分野で、プレーヤーが多数ひしめいていて、特に国内市場での競争が激烈で利潤を確保しにくいことを挙げている。この点を韓国と比較すると、自動車、鉄鋼、携帯電話、電力といった大分野で、いずれも日本のほうが市場が大きいのに、企業1社当たりの市場規模で見ると韓国のほうが大きい。つまり、韓国企業は国内市場で規模と利益を確保できているので、国際市場での競争を有利に戦うことができるという分析だ。

 さりとて、経産省が主導して、業界再編を進めるべきかというと、これは違うだろう。

 ビジネスをどう組み合わせたらいいかを官庁が適切に考えられるとは思えない。また、民間の利害に深く絡む問題に官庁が介入すべきでもない。

 日本で産業ごとのプレーヤーの絞り込みが十分行われない最大の理由は、多くの大企業の経営が株主よりも、社員共同体を基盤としていることだろう。特に、相手企業に主導権を持たれて劣位で経営統合する場合には、経営者本人ばかりでなく、自分の先輩・後輩の立場が気になるから身動きが取れない。この点に関して、株主の力は、まだ十分強くない。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧