ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
1行家計簿
【第3回】 2015年8月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
天野伴

“ラーメン、そば、牛丼ばかり食べていました”
33歳男性の渇いた人生は「これ」で変わった

1
nextpage

「家計簿」といえば、やはり男性よりも女性がするもの、というイメージが根強いのではないでしょうか。そこで、働き盛りの男性に、1行家計簿を1ヵ月続けてもらいました。結果はどうなったのでしょうか?

毎日のランチの記録を
つけてみると……

 働き盛りの33歳のEさんは、正直、そこまでお金に困っている、という状況ではありませんでした。また、「節約」や「家計簿」には貧乏くさいイメージを持っていることもあって、今まで特に意識をしたこともありません。しかし、1行家計簿の概要(前回の記事参照)を伝えたところ、

・食費の中にも、「必要な食費」と「不要な食費」がある

 このくだりに、Eさんは興味を持ちました。「確かに、食費だけで記録をすると、具体的に何にお金をどう使ったのかわからないな」と感じ、まずは、会社にいるときのランチの記録をつけてみることに。この、とりあえずなんとなくつけてみた「会社での外食ランチ」の記録が意外な結果になりました。

 1行家計簿を1ヵ月つけてみた結果、その記録を見返してみて最初に感じたことは、「同じような金額ばかりが並んでいる」ということ。380円、420円、580円など、なんだか見たことがある金額ばかりだなと思って、どこで何を食べたのかを追記してみました。Eさんは昼食に、ラーメン、そば、牛丼ばかり食べていたということがわかったのです。

 Eさんは自分の食事のローテーションがほぼこの3種類だったことに驚き、自分の食生活の無味乾燥さに愕然としたとのこと。「1行家計簿をつけていなければ、この3種類ばかりを食べていることにすら気づくことなく、これからも食べ続けたんでしょうね」とEさんは苦笑いされていました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)




1行家計簿

「記録するのは1項目、かかる時間は1日10秒」。
これだけで死ぬまでお金に困りません。
8歳から家計簿をつけ続けてきた税理士のすごいメソッド、初公開!
ムダづかいが減り、お金が貯まり、自分の行動をコントロールできる!

「1行家計簿」

⇒バックナンバー一覧