ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
商品市場透視眼鏡

米利上げ観測と中国減速懸念で
国際商品市況の低迷継続へ

芥田知至 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部主任研究員]
2015年8月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 国際商品市況は軟調な推移が続き、世界景気の減速を示唆しているという懸念も強まっている。ドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・コアコモディティCRB指数は、今年3月中旬を底に反発していたが、5月中旬以降、頭打ちとなった。7月には下落幅が拡大し、8月に入ってリーマンショック後の安値を下回った。

 国際商品の中心である原油も大幅に下げた。国際指標であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)は、5月上旬には1バレル当たり60ドル前後にまで上昇していたが、7月に大幅に下落し、50ドルを下回っている。

 7月上旬には、ギリシャの国民投票で緊縮財政の受け入れが拒否されたことや、中国の株安を受けて、国際金融市場の不安定化や中国経済の大幅減速が懸念されたことを背景に下落幅が拡大した。その後、ギリシャ第3次支援協議を始める合意がなされ、ギリシャ問題への当面の懸念は後退した。また、当局による各種対策もあって、中国の株安についても歯止めがかかった。こうした中、原油も下げ止まるかに見えたが、7月後半から再び下げに転じた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


商品市場透視眼鏡

農産物・鉱物などの商品投資家のニーズに応えるコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、商品市場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「商品市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧