ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

これで堂々と休める!ユニークな有休制度を大紹介

ダイヤモンド・オンライン編集部
2015年8月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
あなたは十分に有休を取得できていますか?

 あなたの会社は休みやすい?それとも休みづらい?

 厚生労働省の調査によると、平成25年1年間の有休休暇取得率は48.8%(「平成26年就労条件総合調査結果の概況」)と、多くの人が休める権利を半分も放棄している。

 なぜ、せっかくの権利を放棄する人が多いのだろうか。ダイヤモンド・オンラインでは読者に対し、「有休を取らない理由」調査。すると、「仕事が忙しい」などの理由を抑え、「職場の雰囲気でなんとなく」(32.3%)が最も多い結果となった(※)

 ワークライフバランスの高まりから有休取得を促す企業も増えているが、3人に1人が「職場の雰囲気でなんとなく」休まないのはもったいない!堂々と休みやすい会社はないかと探してみたら、ユニークな有休制度を持つ会社が続々見つかった。

(※)スマートフォンにてサイトにアクセスしたダイヤモンド・オンライン読者を対象に実施。4万7051人から回答を得た。調査期間7月21日~7月31日。

「有休取得率100%」が義務!
部署ごとに取得率ランキングも

ノバレーゼの全社休業日「ロックの日」には、部署ごとに旅行などに出かけ交流を深めているという

 近年、人気も高まり就職希望者が殺到しているブライダル業界。しかし現実には、1年~3年未満で辞める人も多いと言われている。そんな業界の姿を変えようと休暇制度改革に取り組むのがノバレーゼだ。

 同社は2010年3月に「アイデア休暇」という有給休暇制度を導入。嘘か本当かを問わず、“ユーモアあふれる理由”を考えられたら休める変わった制度だ。エンターテインメント性を求められる業界。社員に楽しいことを考える自主性を養ってもらうため、「ズル休みしたら面白いよね」という発想で生まれたという。

 「サッカー日本代表に選ばれた」「石油王と結婚」などを理由に、当初は取得する人も現れた。しかし実際には取得しない人もおり、全員に休んでもらいたいという思いは実を結ばなかった。そこで同社は新制度導入に踏み切る。「有休取得率とさらなるモチベーション向上のため、2015年からは年2回、“Rock your life”という同社の経営理念をなぞった全社休業日『Rockの日』を作った」(同社人材戦略部長・三木芳夫さん)のだ。この日は、部署や店舗ごとに遊びに行くなど社員の交流につながっているという。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧