ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第83回】 2015年8月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
小栗正嗣 [週刊ダイヤモンド編集部論説委員]

株価乱高下の今こそ読んでおきたい!
デリバティブのプロによる痛快な市場のエッセイ
『まぐれ――投資家はなぜ、運を実力と勘違いするか』

1
nextpage

今回ご紹介する『まぐれ――投資家はなぜ、運を実力と勘違いするか』を読めば、そもそも投資によるパフォーマンス値上がり益というものは運なのだ、という境地に立てること請け合いです。金融環境が不安定な今こそ、「リスク」とはどのようなものか知っておくといいかもしれません。

あの『ブラック・スワン』著者の
考えが凝縮された書

ナシーム・ニコラス・タレブ著、望月衛訳『まぐれ――投資家はなぜ、運を実力と勘違いするか』2008年2月刊。裏の帯にはノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラーの推薦文が書かれています。

 8月24日、日経平均株価は895円の全面安となりました。中国景気の減速懸念に端を発した株安は、円安などリスクオフの動きを伴って拡大。ニュース欄には「日経平均一時900円超安」「世界同時株安の連鎖」「アジア市場でパニック売り」といった文字が躍りました。

 荒々しい値動きは、個人投資家、機関投資家、トレーダーたちの間でさまざまな悲喜劇を引き起こしたに違いありません。こうした市場の動揺を目の当たりにした時、手に取りたくなる本があります。ナシーム・ニコラス・タレブ著の『まぐれ――投資家はなぜ、運を実力と勘違いするか』です。

 デリバティブ・トレーダー、クォンツ兼大学教授としても活躍するタレブの主著といえば、リーマンショックの前にその後の金融危機を予言するがごとく出版された『ブラック・スワン――不確実性とリスクの本質』(上下巻)が真っ先に上がるでしょう。

 本書『まぐれ』は『ブラック・スワン』と通底するタレブの主張――物事は私たちが思っているよりもたまたまであり、確実なのはわからないと認めることである――がよりコンパクトに、要領よく、皮肉たっぷりに展開されています。タレブの世界を味わうには、まずはこの『まぐれ』のほうから入ることをお勧めします。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


小栗正嗣 [週刊ダイヤモンド編集部論説委員]

1963年長野県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、1987年ダイヤモンド社入社。『週刊ダイヤモンド』編集長を経て、2014年より現職。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧