中国 2015年8月28日

中国・天津大爆発 現地からのレポート
「突然避難命令が! オープンしたばかりの日本式居酒屋が危ない!」

1974年、鹿児島県生まれ。邱永漢氏に師事し、2005年より、チャイニーズドリームを夢見て北京で製パン業を営む荒木氏。北京で人気店となったラーメン居酒屋に続き、今年4月に天津にフランチャイズ居酒屋をオープンしたばかりのこの時期に起きた、まさかの爆発事故。SNSで交わしたやりとり、そしてその後の状況は?

 8月13日の早朝、いつものように携帯電話でSNSのメッセージを確認すると、ひとつの動画ファイルが送られてきていた。開くとどこかの大爆発の動画であった。以下のメッセージが実際のやりとりだ。

8月13日 早朝 携帯のSNSメッセージ

同僚A:爆発の動画ファイル
同僚A:大丈夫でしょうか……
同僚B:店は2大街、爆発は5大街
私  :近いな
同僚B:多分宿舎はもっと近いですよ

実際のSMSでのやりとり

 慌ててネットを開くと、爆発のニュースでもちきりであり、情報が錯綜していて、原因も含め何も分かっていない状況であった。

 実は爆発の現場となった天津の開発区に、今年の4月にFC加盟店という形で、居酒屋『とり鐵』をオープンしたばかりであった。上のメッセージのやり取りは、この『とり鐵』の関係者たちとのものである。ランチの営業もはじまり、ようやく軌道にのりつつある矢先の出来事であった。

4月にオープンしたばかりの天津『とり鐵』【撮影/荒木尊史】
『とり鐵』店内【撮影/荒木尊史】

 一部のスタッフが爆音に耳をやられて耳鳴りがするなどの被害はあったが、大きな怪我もなく店舗も無事であった。

 スタッフの宿舎は店舗より爆発現場に近く、ガラスが割れたり天井板が落ちるなどの被害が出たが、店が営業中で留守だったこともあり、こちらも人的被害は出ずにすんだ。

 店は爆発翌日の13日と14日も通常通り営業しており、お客様もふだんどおりお越しいただいていた。

付近のビルの入り口。割れたガラスの破片の掃除をする従業員の姿も
天井が落ちた従業員宿舎
同じく、従業員宿舎の天井

作家・橘玲のディープな見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。