ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

日米株は「薄商い下の上昇」
株式市場に調整入りのリスク

2010年3月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 3月16日のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、米国は超低金利政策の維持を決定した。また日銀も、新型オペの供給枠を10兆円から20兆円程度に拡大する追加金融緩和策を発表した。

 両中央銀行が緩和姿勢を鮮明にし、カネ余りが続くことから、日米の株価は下値を切り上げるかたちで水準訂正を行っている。

 しかしながら、株式市場は日米共に「薄商い下の上昇」の様相が濃い。ダウ工業株30種平均は小幅な上昇を重ねて8連騰となったが、NYSE(ニューヨーク証券取引所)の出来高20日移動平均は10.3億株(3月18日時点)と低調だ。

 日本でも、3月の東証1部売買代金の1日当たり平均は、わずか1兆1000億円台(SQを除く)である。3月決算期末という特殊事情もあるが、板(売買注文)の薄いなかを、ヘッジファンド系の買いオーダーで上昇している印象が強い。「株価上昇と薄商い」という二律背反は相場不安定の種である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧