ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
齋藤ウィリアム浩幸 日本の欠落、日本の勝機

社内ネットワークも安心できない。
「ゼロ・トラスト」でセキュリティに取り組め

齋藤ウィリアム浩幸 [内閣府本府参与]
【第16回】 2015年9月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

もはやネットワークの
入り口だけでは守りきれない

 私は8月に渡米して各地を回りました。そこで感じたのは、サイバーセキュリティに対する社会の受け止め方が大きく変わってきたことです。

 以前のようなクレジットカード番号の流出だけなら、盗まれたカード番号を利用停止にして再発行すれば何とかなる話。面倒ですが、あまり実害はありません。

 しかし、最近は単に情報が盗まれたというだけでは収まらない状況になっています。取引先とのメールの内容や社員・顧客の住所、社会保障番号、電話番号など、重要な情報が流れれば、その被害たるや、甚だしいものになってしまうからです。

 今年6月には、安全だと思われていた米国の信用調査用書式を管理するサーバが攻撃され、およそ1900万人分の個人情報が盗まれていたことが発覚しました。最も多く使われている書式は「スタンダード・フォーム86」と呼ばれるもので、重要な情報を扱う政府の職に採用される前に作成・提出します。ここには日本では考えられないようなディープなプライバシー情報(本人や家族の精神的な健康状態、過去の薬物使用など)も含まれていますから、恐喝などに使われる可能性も指摘されています。

 さらに、不倫を奨励する出会い系サイト「アシュレイ・マディソン」がハッカー攻撃を受け、利用者の個人情報の一部がインターネット上に公開されました。それが原因とみられる自殺者が出たほか、訴訟も起きています。

 こうしたハッカー攻撃、情報流出は後を絶たず、サイバーセキュリティそのものが社会全体の重要な課題になりつつあります。

 企業においても、社内は安全だという考えからネットワークの入り口だけにセキュリティ対策を講じる従来の対策では、情報を守りきれません。実際、過去にも、社内ネットワークの中に不審なデータがあったにもかかわらず、発見できず、甚大な被害を被った事件は数多くあります。

 このため、現在では、社内も信用できないという前提の下、常に検証をし続ける「ゼロ・トラスト」の発想で、セキュリティに取り組むことが世界の潮流となっているのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

齋藤ウィリアム浩幸 [内閣府本府参与]

さいとう・ウィリアム・ひろゆき
1971年ロサンゼルス生まれの日系二世。16歳でカリフォルニア大学リバーサイド校に合格。同大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部卒業。高校時代に起業し、指紋認証など生体認証暗号システムの開発で成功。2004年に会社をマイクロソフトに売却してからは日本に拠点を移し、ベンチャー支援のインテカーを設立。有望なスタートアップ企業を育成している。12年には、総理大臣直属の国家戦略会議で委員を拝命し、国会事故調査委員会では最高技術責任者を務めた。また13年12月より内閣府本府参与に任命されている。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2011」選出。2015年6月より、パロアルトネットワークス合同会社副会長に就任。著書に『ザ・チーム』(日経BP社)、『その考え方は、「世界標準」ですか?』(大和書房)。

ご意見は、ツイッター@whsaitoまで。

 


齋藤ウィリアム浩幸 日本の欠落、日本の勝機

歴史的に、世界に挑むチャレンジ精神は本来、日本人が持っていた気質。しかし今の時代、日本のお家芸“ものづくり”だけでは新興国に負けるのは火を見るよりも明らかだ。成長へと反転攻勢に転じるために必要なものは何か――。それは革新的なイノベーションを起こすための「世界標準の思考」に他ならない。気鋭の起業家であり、技術者である筆者が、日本が再び世界をリードしていく道はなにかを説く。

「齋藤ウィリアム浩幸 日本の欠落、日本の勝機」

⇒バックナンバー一覧