ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
チャンスを逃さない! 今どき「住活」事情 By SUUMO(スーモ)

何を買い換える? ご近所への挨拶は?
知らないと困る「引越し」の世間常識

SUUMO(スーモ)編集部
【第11回】 2010年4月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 春といえば、新生活がスタートする季節。就職や結婚、子どもの入学などを機に、心機一転、新しい住まいに引っ越した人も多いのではないだろうか。そこで今回は、「新居への引越し」をテーマにお話ししよう。SUUMO編集部で実施したアンケートの結果から見えてきた、「今どきの引越し事情」を紹介する。

引越しを機に買い替えたいものは?
堂々の1位に輝いたのは「テレビ」

 SUUMO編集部が、関東・東海・関西エリアで2年以内に住宅購入を検討している約300人を対象に行なった家具・家電買い替えに関するアンケート(下図参照)によると、「買い替えるもの」の第1位はテレビとなっており、58.6%もの人が「買い替える」と答えている。

 2011年7月のアナログ放送終了まで約1年ということもあり、引越しを機に「地デジ対応にしたい」という理由が大多数を占めた。また、テレビに限らず、冷蔵庫や洗濯機などの生活家電を「大型化したい」という意見も多く、家電も「家の広さに合わせて」と考えている傾向が見られる。

 買い替え理由として次に多かったのは、「古くなったから」という答え。壊れるまで買い替えないものほど、「新居購入時を機に・・・・・・」と考える人が多いようで、「もう10年使ったから」というコメントも多かった。他には、省エネや節水など、エコ家電への買い替え希望も多数を占めている。

 家電以外に「ベスト5」にランクインしたのは、ソファとダイニングテーブル。家具は部屋のテイストに合わせたいものだけに、上位にくるのも納得と言える。特にダイニングテーブルは、30代の人たちに人気が高く、20代ではベッドの人気が高かった。

 ちなみに東海地方に限っては、テレビを抑えてソファが1位となっており、ソファへの憧れの強さが浮き彫りになった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

SUUMO(スーモ)編集部

SUUMO(スーモ)とは、「借りたい」「買いたい」「建てたい」「リフォームしたい」「売りたい」という、住まいの幅広いニーズに応えたコンテンツ・サービスを提供する(株)リクルートの住宅・不動産情報総合サイト。物件情報のみならず、エリア情報、住まい探しのダンドリ、マーケット情報まで、口コミ情報やお役立ちノウハウが満載。西村里香編集長以下、「住活のプロ」を自負する編集部員たちが、読者の住まい探しを徹底サポートする。
⇒『SUUMO』のHPはこちら


チャンスを逃さない! 今どき「住活」事情 By SUUMO(スーモ)

(株)リクルートの住宅・不動産総合サイト「SUUMO」(スーモ)編集部が、復活の兆しを見せている住宅市場で本格的に「住活」を始めた読者に、プロの目から見た「買い時」と「賢い買い方」を教える。

「チャンスを逃さない! 今どき「住活」事情 By SUUMO(スーモ)」

⇒バックナンバー一覧