ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸の政策ウォッチ

橋下市長の「大阪都構想」が
それでも住民に響かない理由

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第16回】 2015年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 東京オリンピックの新国立競技場の設計とエンブレムの変更に伴い、「税金で賄われたこれまでの出費がムダになる」という議論が起きています。これはまさに行政改革の観点からの意見ですが、最近は、それ以外にも行政改革が関係する政策論議が2つあります。そこから分かることは、行政改革の正しい位置づけをしっかりと意識しないと、政策がイマイチの結果を招きかねないということです。

行政改革の視点を欠いた
「政府機関の地方移転」への疑問

地方創生の一環として重要な中央省庁や国の機関の地方移転。しかし、誘致の提案があった中央省庁はそのうち文化庁を含むわずか6庁だった

 まず、論議が起きている点の一つは、政権が地方創生の一環として進めようとしている中央省庁や国の機関などの地方移転です。

 政府の発表によると、東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県以外の43道府県を対象に政府機関の誘致の提案を募集したところ、計69機関の誘致の提案があったとのことです。

 政府機関の地方移転が東京一極集中の是正に貢献するのは間違いなく、鹿児島県以外の42道府県から提案が提出されたということも、それ自体は非常に良いことだと思います。しかし、問題はその中味です。報道をベースに誘致の提案のあった69機関の内訳をみると、

・霞ヶ関の中央省庁:6
 (文化庁、消費者庁、気象庁、中小企業庁、特許庁、観光庁)
・国の研究所、研修所:21
 (社会保障・人口問題研究所、国立公文書館、国際協力機構など)
・独立行政法人:42

 となっています。

 つまり、道府県の提案のうち中央省庁は1割弱に過ぎず、それ以外が9割強を占めており、特に独立行政法人は提案全体の6割強を占めているのです。

 これは、行政改革の観点からは望ましくない可能性もあると言わざるを得ません。そもそも独立行政法人の中にはムダな組織、即ち存在意義が疑問なのにもかかわらず、天下りと予算の受け皿として存続し続けているものが少なからぬ数存在するからです。そうした組織は、地方移転の前にまず行政改革の観点から統廃合を進めるべきです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸の政策ウォッチ

小泉政権時代に竹中平蔵氏の秘書官を務め、数々の構造改革を立案・実行した岸博幸氏がテレビや新聞が決して報じない知られざる政治の裏側を暴きます。

「岸博幸の政策ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧