ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり子育ては体当たり。失敗してまた学べばいいのよ。
【第8回】 2015年9月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

お母さんの努力は
必ず実を結びます。
――カヨ子ばあちゃんの
子育て日めくり8

1
nextpage

 「脳科学おばあちゃん」として全国のお母さんから絶大なる信頼が寄せられている久保田カヨ子氏。ソニー創業者の井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』も緊急重版(第3刷)が決まるなど、好調に推移している。

このたび、83歳になったカヨ子ばあちゃんが、自身初の『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』を出版した。
どんな想いで出版に臨み、どんなことが『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり――子育ては体当たり。失敗してまた学べばいいのよ。』に掲載されているのか。
本連載では、読むだけでパパ・ママがホッとしながら、子どもの脳が活性化する「カヨ子ばあちゃん31の金言」を紹介。育児で孤軍奮闘するママ・パパを強力に応援したいと思う。
「脳科学おばあちゃん」にその想いを余すところなく語ってもらった。

滅私奉公の精神

久保田カヨ子
(Kayoko Kubota) 1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。長男が一級建築士、次男が東京大学に合格。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた“0歳から働きかける”クボタメソッドを確立。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』(以上、ダイヤモンド社)などベストセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。
【脳研工房HP】http://umanma.co.jp/

 孫のために滅私奉公する精神は、現在ではほとんど見られないかもしれません。

 私のいままでの生き方で、この滅私奉公の教えと実践はとても役に立ち、すばらしい人生を送ることができましたが、最終的に死が近くなると、その満足感は些細なことと受け止めることができます。

 現在の私は、仕事も家庭環境も、夫への協力も子育ても、卒業しました。

 孫は息子が責任を持つことと定め、私の晩年の滅私奉公は、親をうまくあの世に逝かせることに心血を注ぎました。

 私は、子どものころから辛抱強く、いったん決めたことに抗(あらが)うような言動はしませんでした。

 それでも父は私を「極楽とんぼ」と言い、母は「カヨ子ほど苦労をさせた子はいない」と言いました。

 しかし、私は、苦労を苦労と嘆かずにその時々をすごし、問題を解決してきました。

 現在では、曾孫の年にあたる赤ちゃんを日々見ていますが、畑仕事もサボり出し、体のあちこちにガタがきています。

向上は、坂道を上るように休みのない努力が必要ですが、老いた体は階段をおりるように衰えていきます。

 後ろ足が前足の下の階段まで届かず、後ろ足を浮かすと、残った前足は全体重を長く支えられません。赤ちゃんを泣かすときの、長く抱きしめる行動も危うくなりました。

 これまで私の筋肉は、年齢とは思えない強さを誇っていましたが、多くの赤ちゃんを抱いたり、障がい児などの硬直した体を抱きあげたり、抱きしめたりした翌日は、筋肉が硬く痛く、時には腰骨にまで響き、動けなくなります。

 そういうときは、食欲すらなく、そのままにしておくと、筋肉がやせ細っていく感じがします。手近なエクササイズとして、1日5~6回お風呂に入り、手足に水圧をかけながら動かしています。

 さするようなマッサージ程度では、私の体はもとに戻ってしまいますので、「イタタ(痛い)!」と感じた瞬間を号令として、本格的なエクササイズを始めます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

 

1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計25万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』など多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。

【脳研工房ホームページ】
http://www.umanma.co.jp/

 


カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり子育ては体当たり。失敗してまた学べばいいのよ。

累計25万部突破! 「カヨ子ばあちゃんシリーズ」著者で、83歳になった育児界のカリスマ・久保田カヨ子氏初の「子育て日めくり」がついに登場!
【83歳になったカヨ子ばあちゃんからのメッセージ】
ああ言いすぎちゃったな、悪かったな、と自己嫌悪に陥ったとき、ダンナが役立たずで愛想を尽かしたとき、とことん落ち込んだとき、とにかくホッとしたいとき、「子育て日めくり」をパラパラめくってみてください。 きっと、元気と笑顔がよみがえってくるでしょう。育児は育児書どおりうまくいかないもの。でも、お母さんの努力は必ず実を結びます。子どもに体当たりして、失敗して、また学べばいんです。あなたの育児のやり方でいいんですよ。だって、誰の子でもない、あなたの子じゃないですか!

「カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり子育ては体当たり。失敗してまた学べばいいのよ。」

⇒バックナンバー一覧