ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

株価上昇基調のカギを握るのは
当面はユーロ、その後はドル

山独活継二
2010年4月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 株価は膠着状態のなかで、ゆっくりとしたリズムながらしっかりとした動きとなっている。

 主要国株式市場の出来高は伸び悩み、ボラティリティ(価格変動率)は低下。投資家心理を示す米国のVIX(ボラティリティ・インデックス)指数は、リーマンショック以前の水準まで低下してきている。

 しかし、VIX指数は2003年以降の上昇相場においておおむね15ポイント以下であり、現在が取り立てて低い水準ではない。

 ボラティリティと株価の関係は、図1のVIX指数とS&P500の関係を見てもわかるとおり、基本的には逆相関の傾向が強い。株価が上がればボラティリティが低下し、株価が下がればボラティリティは上昇する。ただし、相場の転換点においては、やや異なった動きとなる傾向がある。

 07年などは株価が上昇し、VIX指数も同時に15ポイント台のボックスを上抜けている。リーマンショック後も同様で、株価が反転を始めてもVIX指数はしばらく上昇した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧