ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
手打ち蕎麦屋のオーラを味わう

世田谷「石はら」――ニューウェーブの蕎麦料理に時代が香る

鎌 富志治 [夢ハコンサルティング代表]
【第24回】 2010年4月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 一冊の本に出会って300店もの蕎麦屋を巡りました。25歳の青春は蕎麦の道をひた走りました。

 脱皮するかのように新しく、大きな蕎麦屋へと昇ってきた「石はら」。その蕎麦料理には冒険的なオーラが立ち上っていました。

店のオーラ
300余店の蕎麦を体験し尽す

“一冊の本が人生を変えてしまう”、それを現実に目の当たりにしました。

300余店を制覇、一茶庵直系店での修行を経て生みだす自家製粉の豊かな蕎麦。

 25歳、ある大手運送会社のドライバーだった彼は、陶芸、絵画、作曲など、およそ興味の惹かれることを試しては、自分の明日の居場所を探し求めていました。

“自分が1人でやれることで、何か役に立つ事をしたい”、そのこと自体が抽象的で、自分でもそれが何なのか想像もつかなかった、といいます。

“役に立つ”そのことのほうに強い思いがあり、まるで雲をつかむようなもどかしさがありました。

 ある日、迷い込むように彼は書店に入り、平積みになった[手打ち蕎麦屋読本]を手にします。

 中を開くと、一茶庵創始者で“蕎麦聖”と称された「片倉康夫」、その愛弟子の東長崎「翁」店主、吉川「ほそ川」店主、柏「竹やぶ」店主など、そこには当時の手打ち蕎麦屋のトップスターが勢ぞろいしていました。

熱々のだし汁におろし大根で化粧してあります。粗引き蕎麦粉でつくる蕎麦がき。

 そして、全国の名だたる蕎麦屋が特集されていました。

 「これだな!と思いました」

 この時、胸が波打ち、自分が歩むべき道を直感したといいます。世田谷の人気蕎麦屋「石はら」の亭主・石原誠二さんの若き頃です。

 「本の中の手打ち蕎麦屋はきらきら光っていました」

 時代が求めていたものと、何かを求めようとしていた人間とが衝突するような出会いでした。

実験的な温蕎麦が身上、梅じそ汲み豆腐蕎麦。汲み豆腐のとろりとした食感で人気。

 「蕎麦屋なら自分が役に立つのではないか?」

 そこからじっくりと、まずはその本を片手に、手打ち蕎麦屋を回り始めます。4年間でその数、300余店を制覇します。手打ち蕎麦屋とはなんであるかを確認し、自分の中で熟成をしていくのを待つ時間でした。

 あらゆる蕎麦を体験すること、その中で自分の求める蕎麦をイメージ化し、具体化していきました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
鎌氏の著書「こだわり蕎麦屋の始め方」好評発売中!

脱サラしてわずか1年で、激戦区の神田で人気店をつくりあげた著者が教える「ワンランク上の蕎麦屋の始め方」。開業準備から、極上店へ育て上げる秘訣まで、店づくりのすべてを惜しみなく公開。1890円(税込)

話題の記事

鎌 富志治 [夢ハコンサルティング代表]

大手広告代理店で営業局長やプロモーション局長を歴任後、東京・神田須田町で手打ち蕎麦屋「夢八」を開店する(現在は閉店)。現在は企業経営コンサルタント、蕎麦コンサルタントとして活躍中。著書に『こだわり蕎麦屋の始め方』(ダイヤモンド社)がある。
◎ブログ:蕎麦の散歩道


手打ち蕎麦屋のオーラを味わう

ここなら誰を誘っても文句が出ない、時代の先端を走る「特上・手打ち蕎麦屋」を紹介。こだわり亭主たちの店づくり、あなたがまだ体験したことのない蕎麦と蕎麦料理。その店独特の「オーラ」の味わい方教えます。

「手打ち蕎麦屋のオーラを味わう」

⇒バックナンバー一覧