ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる
【第28回】 2015年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
久保田競 [京都大学名誉教授・医学博士],久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

0歳からの【赤ちゃん教育】は
なぜ、5段階なのか?

1
nextpage

ベストセラーとなり、名著『幼稚園では遅すぎる』著者でソニー創業者の井深大氏も絶賛した、久保田競+久保田カヨ子著『赤ちゃん教育』(1983年刊、その後絶版)。
あまりに貸出が多く本がボロボロになり、国会図書館からも消えた。
アマゾンマーケットプレイスでは、10,056円のプレミア価格がついた。
そんな“0歳からの伝説の育児バイブル”が、最新の脳科学データをアップデート&190点近いイラストも一新して完全リニューアル!
発売以来話題を呼んでいる本書は、楽天ブックスやアマゾンの「子育て」ジャンルで何度も1位となり、第3刷になった。海外からも、続々翻訳オファーがきているという。
なぜ、お母さんだけでなく、お父さんにも『赤ちゃん教育』が支持されているのか?
脳科学の世界的権威である久保田競氏と『中居正広の金曜日のスマたちへ<金スマ>』(TBSテレビ系)で“脳科学おばあちゃん”と紹介された久保田カヨ子氏だが、クボタメソッドの原点はすべて『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』にある。
「脳科学の権威」と「脳科学おばあちゃん」が書いた記念すべき処女作『赤ちゃん教育』の中から、0歳からの赤ちゃん教育を「5段階に分ける意味」を紹介する。

歩けるようになるまでの
5つの発達段階とは?

久保田 競
(Kisou Kubota)
1932年生まれ。医学博士、京都大学名誉教授。世界で最も権威がある脳の学会「米国神経科学会」で行った研究発表は日本人最多の100点以上にのぼり、現代日本において「脳、特に前頭前野の構造・機能」研究の権威。2011年、瑞宝中綬章受章。『ランニングと脳』『天才脳をつくる0歳教育』『あなたの脳が9割変わる!超「朝活」法』など著書多数。

 生まれた赤ちゃんが、2本足で歩けるようになるまでの期間は、8ヵ月から1年3ヵ月くらいまでで、個人によってことなります。

 このちがいは、生まれつき決まっている遺伝的要因と、生後の訓練との相互作用で決まってきます。

 この『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』では、この間の身体と脳の働きの発達を5段階にわけています。

 もちろん、赤ちゃんの成長発達は、けっしてきれいに段階にわけられるようなものでなく、連続的なものですが、わかりやすくするために、節目ごとにわけたものです。数々の知見と経験から、私たちは5段階にわけるのが適当だと考えています。

 第1段階は、刺激だけに応じる「反射期」で、心と呼べるものもない、“こわれやすい機械”とでもいえる時期です。

 赤ちゃんに刺激を与えると、生まれつきそなわっている「反射」で応じます。生まれてから1ヵ月半くらいまでがこの時期です。

久保田カヨ子
(Kayoko Kubota)
1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。長男が一級建築士、次男が東京大学に合格。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた“0歳から働きかける”クボタメソッドを確立。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』など著書多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。

 刺激には身体の外から与えるものもありますが、身体の内で発生するものもあります。

 第2段階は、刺激と反射とを組みあわせ、刺激に対して反応することを覚える「刺激反応期」です。
 生後1ヵ月半から3ヵ月半ごろまでがこの時期です。

 刺激で起こる反射に、赤ちゃんのほうから働きかける反応がつけ加わったもので、刺激に対する反応が「反射」より複雑になっていきます。

 そして、生まれたときの反射は、だんだんと弱くなり、赤ちゃんは反射から解放されていきます。

 この時期は、「首すわり期」ともいわれるように、ある程度、首がすわってきます。昼夜のリズムもある程度はっきりしてきます。

 いわゆる「生物時計」がきちんと体内で時刻をきざむようになり、外界への好奇心もでき、「心」といえるものが発生する時期です。

 第3段階は、「腰がすわってくる時期(=腰すわり期)」で、外界に向かって働きかける自分を発見する「探索期」です。生後3ヵ月半から5ヵ月半ごろまでの時期です。

 第4段階は、「つかまり立ちをする時期(=つかまり立ち期)」で人見知りをするようになり、自我がはっきりしてくる「自我発生期」です。生後5ヵ月半から8ヵ月ごろまでの時期です。

 第5段階は、「2本足で歩きまわれる時期(=二足歩行期)」で、自分で新しい行動手段を見つけることができるようになる時期で、問題解決を自分でする知能といえるものが芽ばえる「知能発達期」です。

 これらの5つの時期をひっくるめて、「感覚運動的知能の時期」と、ピアジェという発達心理学者が呼んでいます。

 この時期の育児で大事なことは、赤ちゃんに「自分がかわいがられているということを感じさせること」「身のまわりのものに興味をもたせること」の2つの点に注意しなければいけません。

 この間、赤ちゃんは刺激―反射のかんたんなものから、刺激―反応、つまり複雑なものへの反応を覚えていきます。

 そして新しい機能がつけ加わっていきます。脳の神経回路も複雑になります。これはちょうど、高層建築を地上から1階ずつ建てていくようなものです。

 高い階になるにつれて複雑で高級なもの、つまりあとから覚えてきたものがつけ加わっていくのです。ですから、1階からきちんと建てないで2階をつくると、建物はこわれてしまうことにもなります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


久保田競 [京都大学名誉教授・医学博士]

1932年生まれ。医学博士、京都大学名誉教授。世界で最も権威がある脳の学会「米国神経科学会」で行った研究発表は、日本人最多の100点以上にのぼり、現代日本において「脳、特に前頭前野の構造・機能」研究の権威。2011年、瑞宝中綬章受章。
『ランニングと脳』『天才脳をつくる0歳教育』『天才脳を育てる1歳教育』『天才脳を伸ばす2歳教育』『赤ちゃんの脳を育む本』『あなたの脳が9割変わる!超「朝活」法』など著書多数。

久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

 

1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計25万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』など多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。

【脳研工房ホームページ】
http://www.umanma.co.jp/

 


赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる

脳科学の権威と、テレビで大人気の【脳科学おばあちゃん】が贈る0歳からの伝説の育児バイブル! 0歳から脳に働きかける「クボタメソッド」を実践、約20年で3000人以上の赤ちゃんの脳が活性化。勉強ができて、心が強い子に育ちます。特に、オムツ体操は必見。脳科学データを完全アップデートしたので、日本中で育児に悩む親御さんがあふれかえるいまこそ、自信をもっておつたえします。

「赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる」

⇒バックナンバー一覧