ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
チャンスを逃さない! 今どき「住活」事情 By SUUMO(スーモ)

年収500万円で家を買っても大丈夫?
少ない資金で憧れの家を無理なく買う秘訣

SUUMO(スーモ)編集部
【最終回】 2010年4月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 住まいの「買いどき」と報道される一方で、景気低迷によりサラリーマン世帯の給料は減り続けている。「今の年収なら、住宅ローンを組むことは可能だけれど、将来的に払い続けられるのだろうか・・・・・・」と、購入に踏み切れない人も多いのではないだろうか? 

 そこで最終回は、実際に住まいを購入した人のプロフィールを基に、年収と買える物件の価格との相関関係を分析してみよう。さらに、年収500万円台でも失敗しない住まい購入のコツを紹介する。

平均購入価格約4000万円なら
自己資金400万円以下が約4割も!

 まずは、住まい購入者の実情を見てみたい。下のグラフは、リクルート住宅総研が、2009年に首都圏新築マンション購入契約者を対象に行なった調査の結果だ。これによると、平均購入価格は3941万円(契約者全体)。それに対し、自己資金(頭金や諸経費用として用意した金額)は、852万円(契約者全体)となっている。ここ数年の推移を見てみると、平均購入価格、自己資金共に減少傾向にあるようだ。

 そんななか、注目したいのは、自己資金200万円未満の割合が年々増加していることだ。09年は、「自己資金200万円以下」が全体の26%とダントツ。「200万円以上400万円未満」の層を加えると、自己資金400万円未満は、およそ4割にも上る。

 一般的に、自己資金は購入額の2割程度用意するのが理想と言われているだけに、「実情は思いのほか少ない」と言える。一方、自己資金が少なくなると共に、ローン借入総額は増加傾向にある。09年全体の平均では、ローン総額は3205万円。「借入総額3000万円以上」は、約6割に達している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

SUUMO(スーモ)編集部

SUUMO(スーモ)とは、「借りたい」「買いたい」「建てたい」「リフォームしたい」「売りたい」という、住まいの幅広いニーズに応えたコンテンツ・サービスを提供する(株)リクルートの住宅・不動産情報総合サイト。物件情報のみならず、エリア情報、住まい探しのダンドリ、マーケット情報まで、口コミ情報やお役立ちノウハウが満載。西村里香編集長以下、「住活のプロ」を自負する編集部員たちが、読者の住まい探しを徹底サポートする。
⇒『SUUMO』のHPはこちら


チャンスを逃さない! 今どき「住活」事情 By SUUMO(スーモ)

(株)リクルートの住宅・不動産総合サイト「SUUMO」(スーモ)編集部が、復活の兆しを見せている住宅市場で本格的に「住活」を始めた読者に、プロの目から見た「買い時」と「賢い買い方」を教える。

「チャンスを逃さない! 今どき「住活」事情 By SUUMO(スーモ)」

⇒バックナンバー一覧