ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株安にも勝てる!利回り10%投資の世界byダイヤモンドQ

利回り20%超をキープする
「生保契約投資ファンド」の買い方は

ダイヤモンドQ編集部
【第3回】 2015年10月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

20%を超えるような高リターンを出し続けているファンドなど、途方もない金融商品が日本でも購入できる。ダイヤモンドQ編集部が、国内金融機関の販売する高利回り商品をチェックしてみた。 

 ここ数年、個人投資家が急増しているが、投資の醍醐味が味わえるようなハイリターンの投資商品が見当たらず、不満を持っている人も多いだろう。ところが、海外の金融商品ながら日本の証券会社でも購入できる高利回りのファンドがあるという。

 景気に左右されずに堅調な成長ぶりを示すのは、ルクセンブルクのカーライル・マネジメントが運用する外国投資信託だ。

 2009年の運用開始以来、2桁のプラスリターンをほぼ実現している。最近の5年間で見ると、22%以上をキープし、最大31%という好成績を挙げている。今後の運用がこの通りにいくとは限らないが、非常に高いリターンだ。

 実はこの外国投信は、ライフセトルメント投資と呼ばれるカテゴリーの金融商品。個人の生命保険契約をファンドで買い取って運用するものだ。簡単に言うと、契約者は保険をそのときの解約返戻金以上の高値で買い取ってもらい、一方でファンドは生命保険を買い取って、契約者の代わりに保険料を支払い続け、被保険者が死亡したときに保険金を受け取る。ファンドは、保険を安く買い取れれば運用益が大きくなり、逆に予想よりも被保険者が長生きすると利回りが低下するという仕組みだ。

無理な運用で
償還金ゼロに

 ところでライフセトルメントと聞いて、14年の報道を思い起こす金融関係者もいるだろう。ライフセトルメントで運用するファンドのレバレッジをかけた運用が裏目に出て、ファンドの保有する生命保険を担保に融資した銀行が担保権を行使し、結果として投資家への償還金がゼロになってしまったのだ。日本の厚生年金基金などが100億円以上の損失を被った。

 この事件以降、日本でライフセトルメント投資を耳にすることはなくなった。

 実は、ファンドの仕組みに問題があったわけではなく、むしろレバレッジをかけた運用に問題があったというのが実際のところで、堅実な資金繰りのファンドは今も運営を続けている。

 このライフセトルメントで運用するファンドを日本で購入する術が存在する。東京に本社があるR証券は13年から、私募の形でライフセトルメントに投資するファンドを取り扱っている。私募投信扱いなので、1募集につき49人までしか勧誘することができないので、ウェブでは名称を伏せた。ただし、先ほども書いたように類似ファンドが未償還となっているだけに、どうやって破綻リスクを減らしているのか理解できない人は、投資しない方がいいだろう。

1
nextpage

「資産運用についての悩み」を解決したいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。老人ホーム選び、病院選びから、資産運用、保育園選びまで、重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

2015年11月号 好評発売中(税込780円)

ダイヤモンドQ2015年11月号

第1特集「利回り10%投資の世界」
株安下でも資産を増やしたい人は必読!

第2特集「資産価値を上げるマンション大規模修繕」
大規模修繕や建て替えの知識やノウハウを紹介

第3特集「日本のベスト温泉&温泉宿100」
宿泊者調査でベスト温泉100と温泉宿100をランキング

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ダイヤモンドQ編集部

あなたのQuestionにズバっと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。保育園選び、学校選び、病院選び、老人ホーム選びなど、人は人生の節目で重要な決断をしなければなりません。ダイヤモンドQは、ランキングやエッジの聞いた骨太の記事であなたの「知りたい」に答えていきます。詳しくはホームページ[http://www.diamond.jp/gr/q]をご覧ください。


株安にも勝てる!利回り10%投資の世界byダイヤモンドQ

長らく超低金利が続いており、さらには夏以降の株価下落を受けて、資産運用に困っている人は多いのではないだろうか。そもそも日銀はインフレターゲット2%の目標を掲げており、それを上回る運用を目指さなければ、資産を守ることさえ難しいという、大変厳しい時代だ。そこで、資産を防衛したい、ちょっとでも増やしたい、株安局面でも関係なく資産を増やしたいというあなたに、少なくとも10%前後のリターンが取れるような商品を紹介しよう。

「株安にも勝てる!利回り10%投資の世界byダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧