創続総合研究所

父親の死で試される、残された母子の絆
~“大黒柱”が亡くなって、初めて露わになる母親の本心もある

「私名義の預金は、全部私のもの」
――それは違います

村越 子どもたちは、それでも父親が亡くなって相続になったら、少しは自分たちのことも考えてくれるのだろう、と思っていたんですよ。にもかかわらず、一向にその気配がない(笑)。

 そこで、きっちり法定相続分で分けるように、母親に迫ったわけです。

八木美代子
ビスカス代表取締役

八木 母親が2分の1、二人の子どもが、一人4分の1ずつ、ということですね。

村越 ところが、お母さんが父親の遺産を出し渋るんですよ。初めに出してきたのが、残高1000万円ほどの通帳でしたが、子どもたちは「そんなはずはない」と。すると、次に2000万円とか、小出しにする(笑)。

 最終的に、この相続をまとめたのはお母さんの兄、子どもたちからすると伯父さんでした。とにかくらちが明かないので、一計を案じて、この伯父さんに墓参りを口実にお母さんを家から連れ出してもらい、その間に子どもたちが“家探し”をしたのです。そうすると、預金通帳が出てくるわ、出てくるわ。総額で1億円程度になったわけです。

 ただし、ほとんどがお母さん名義の通帳でした。彼女は、ずっと専業主婦でしたから「名義預金」(*)の疑い、濃厚です。

八木 税務調査で一番問題にされるのが、それです。お母さんは、へそくり感覚で、自分名義の通帳にせっせと預金していたのでしょうね。でも、それも立派な名義預金。

村越 お母さんには、もとからそんな認識はありません。「自分の名前の通帳に入っているお金だから、自分のもの」です。「そうではないんです」ということを、伯父さんと私でお話しし、すべてお父さんの遺産にカウントしたうえで、法定相続分に従って分割しました。

 お父さん名義だった自宅・土地も、3人の共有に。実は、不動産の共有は、非常に問題です。全員の承諾がないと売れないとか、所有者が亡くなって相続が起こるたびに、「子どもに、さらにその子どもに」と名義人が変わり、人数も増えていく、とか。でも、母親の態度に業を煮やした子どもたちが強く望むのだから、仕方ありません。

* 名義預金 形式的には家族の名義になっているが、実質的には、他に真の所有者がいる預金のこと。名義は被相続人のものでなくても、実質的に被相続人のものと認められるものは、その相続財産にカウントされる。

創続総合研究所 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS

 


八木美代子 [株式会社ビスカス代表取締役]

早稲田大学卒業後、リクルート入社。1995年に株式会社ビスカスを設立。税理士を無料でご紹介するビジネスモデルを日本で初めて立ち上げ、現在まで10万件以上のマッチングを実現。相続に強い税理士のみを集めたサイト「相続財産センター」を運営し、相続コーディネーターとしても業界ナンバーワンの実績を誇る。著書に『相続の現場55例』(ダイヤモンド社)、『相続、いくらかかる?』(日経BP社)、『相続は『感情のもつれ』を解決すればお金の問題もうまくいく』(サンマーク出版)などがある。
株式会社ビスカス

 


相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術

相続の別名は、「争続」。仲の良かった兄弟姉妹が親の遺産を前に骨肉の争いを演じるというのは小説やテレビドラマの中だけの出来事ではないようです。諍いの中心はもちろん「お金」。ですが兄弟姉妹には、他人がうかがい知ることのできない「本音」「思い」があるようで……奥底にある「心の綾」を解きほぐすと争いから一転、分かりあえるのが家族。そうした「ハッピー相続」の例を解説します。

「相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術」

⇒バックナンバー一覧